アスリート栄養サポートプロジェクト活動報告
― 日テレ・ベレーザの選手に、大好評だった「疲労回復弁当」を提供しました ―

健康栄養学科アスリート栄養サポートプロジェクトの活動として、2018年11月21日(水)に、日テレ・ベレーザの選手のために「疲労回復弁当」を作り、練習後の選手に提供いたしました。

今年度に入り、お弁当の提供は7月4日(水)以来2度目の提供となりました。この日は練習後に筋トレを実施する日だったことや前回好評だったため、前回に引き続き疲労回復をテーマでレシピを考えました。今回のメニューは、さつまいもごはん、豚肉の味噌ロース、きのこのバジル和え、ほうれん草としらすのお浸し、りんごです。見た目も秋をイメージして作りました。

  • 今回のお弁当
    今回のお弁当

お弁当の提供は昨年度から実施しており、選手からは、「食事をするときには、野菜から食べた方がよいのですか」、「クロワッサンと食パンどちらを食べた方が良いのですか」など様々な質問を受けました。また、学生からも選手に「食事のことで一番気を付けていることは何ですか」などの質問もさせていただき、良い情報交換の場にもなりました。今後も何か別のテーマでお弁当を提供していきたいと思っています。

(駒沢女子大学 アスリート栄養サポートプロジェクト:西村一弘、田邉解、曽我部夏子、岡田昌己、高田安希子)

  • 学生から選手にお弁当の内容、栄養素について説明しました
    学生から選手にお弁当の内容、
    栄養素について説明しました
  • 選手から様々な質問を受けました
    選手から様々な質問を受けました
     

アスリート栄養サポートプロジェクトのこれまでの活動もご覧ください。

健康栄養学科ニュース :新着投稿