カリキュラム・ポリシー

1.駒沢女子大学のカリキュラム・ポリシー

駒沢女子大学は、系統的な学修が行えるように配慮し、ディプロマ・ポリシーとして掲げる4つの教育目標のうち、(1)自立した現代女性にふさわしい教養力と人間性の養成、(2) 自己実現のためのコミュニケーション力と社会性の養成を達成するために、「教養教育科目(人間総合学群・人間健康学部・看護学部)」 (3)社会的責務を果たすことのできる専門力と判断力の養成、(4)文化の創造的担い手となるための技術力と実践力の養成を達成するために、「専門教育科目(人間総合学群・人間健康学部)」「専門基礎科目・専門科目(看護学部)」の枠を設定しています
駒沢女子大学では、これらの教育目標が十全に達成されることを目的として、全学的にテーラーメイド教育を実践し、以下のような教育方法を取り入れています。

  1. 担任制度・アドバイザー制度
  2. 少人数授業
  3. 学修ポートフォリオ
  4. 駒沢女子大学教科書シリーズ(授業内容に即した教科書の作成)
  5. 授業録画システム
  6. 再指導・再試験制度
  7. 学修支援センターの設置
  8. 組織的、効果的な教育が実行できる機関の設置

また、教育目標の達成度を確認するための評価基準(学修到達度確認表)、各科目がどのような力を育成することを主な目的としているかを示す学修指針(カリキュラムマップ)を用意しています。

2.学群・学類・専攻・学部・学科のカリキュラム・ポリシー

人間総合学群

駒沢女子大学人間総合学群は、「教養教育科目」と「専門教育科目」の枠を設け、全学ディプロマ・ポリシーで掲げている4つの教育目標を達成するために必要なカリキュラムと教育方法を用意しています。(人間総合学群カリキュラムツリー人間総合学群教養教育科目カリキュラムマップ学修到達度確認表参照)

人間文化学類

人間文化学類は、ディプロマ・ポリシーで掲げた教育目標を達成するために、次のようなカリキュラム編成と授業を行います(日本文化専攻専門教育科目カリキュラムマップ人間関係専攻専門教育科目カリキュラムマップ英語コミュニケーション専攻専門教育科目カリキュラムマップ教職に関する科目(日本文化専攻・英語コミュニケーション専攻)博物館学芸員養成課程科目・参照)。

教育内容
  1. 自ら考え発信する実践力を身につけることを目標にカリキュラムを作成しています。
  2. 1年次に、各専攻への進路選択に資するための基礎的な科目を設けています。
  3. 2次から4年次までの3年間を通じて、各専攻の専門力を育成する選択科目を設けています。
教育方法
  1. 2年進級時に、日本文化専攻・人間文化専攻・英語コミュニケーション専攻に分かれ、専門教育を深めていきます。
  2. 主体性を育むためにアクティブラーニングを取り入れた授業を行います。
  3. 専門科目間の連携を重視した体系的な教育方法を取り入れています。
評価方法
  1. 外部機関等が主催する資格検定試験を用いて学習効果を高めます。
  2. 2年終了時に、基礎レベルが修得できているかについて各種「学修到達度確認表」を用いて評価します。
  3. 4年終了時に、卒業にふさわしい学習成果を得られたかについて各種「学修到達度確認表」を用いて評価します。

観光文化学類

観光文化学類は、ディプロマ・ポリシーで掲げた教育目標を達成するために、次のようなカリキュラム編成と授業を行います(観光文化学類専門教育科目カリキュラムマップ参照)。

教育内容
  1. 自ら考え、発信し、行動する力の育成を目標にカリキュラムを作成しています。
  2. 1年次には基礎力と教養を育成するための科目に加えて、国家試験対策科目を設けています。
  3. 2年次から4年次までの3年間を通して、専門力を育成する必修科目・選択科目を設けています。
教育方法
  1. 主体性を育成するために講義科目にアクティブラーニングを取り入れています。
  2. 実践力を育成するために多様なインターンシップ科目、国内および海外旅行研修を設けています。
  3. 専門科目間の連携を重視した体系的な教育方法を取り入れています。
評価方法
  1. 学力レベルを客観的に把握し、学習モチベーションを高めることができるように、外部機関等が主催するさまざまな資格試験・検定試験を導入します。
  2. 3年次および4年次の専門ゼミでは、自ら選択したテーマについて研究発表を行います。また、4年次には各ゼミで作成したツアープランを合同発表会で披露し、学生や教員の評価を受けます。
  3. 4年次には、自ら選択したテーマについてのゼミ論を必修として課しています。これにより、学修の集大成ができているか、学士課程修了にふさわしい成果が得られたかを確認します。

心理学類

心理学類は、ディプロマ・ポリシーで掲げた教育目標を達成するために、次のようなカリキュラム編成と授業を行います(心理学類専門教育科目カリキュラムマップ参照)。

教育内容
  1. 自ら考え発信する実践力を身に付けることを目標にカリキュラムを作成しています。
  2. 1年次には基礎力と教養を育成するための科目に加えて、専門教育科目の一部を置いています。
  3. 2年次から4年次までの3年間を通して、専門力を育成する必修科目・選択科目を設けています。
教育方法
  1. 主体性・創造性・思考力を育むためにアクティブラーニングを取り入れた授業を行ないます。
  2. 豊富な実験・実習科目によって講義で学んだ知識を確認し、また、技術を修得します。
  3. 専門科目間の連携を重視した体系的な教育方法を取り入れています。
評価方法
  1. 外部機関等が主催する資格検定試験を用いて学習効果を高めます。
  2. 2年終了時に、基礎レベルが修得できているかについて各種「学修到達度確認表」を用いて評価します。
  3. 4年終了時に、卒業にふさわしい学習成果を得られたかについて各種「学修到達度確認表」を用いて評価します。

住空間デザイン学類

住空間デザイン学類は、ディプロマ・ポリシーで掲げた教育目標を達成するために、次のようなカリキュラム編成と授業を行います(住空間デザイン学類専門教育科目カリキュラムマップ参照)。

教育内容
  1. 自ら考え発信する実践力を身につけることを目標にカリキュラムを作成しています。
  2. 1年次から2年次までの2年間を通じて、学類の教育目標のうち主に1と2を達成するための基礎力を育成する必修科目を設けています。
  3. 3年次から4年次までの2年間を通じて、学類の教育目標のうち主に3と4を達成するための専門力を育成する選択科目を設けています。
教育方法
  1. 3年次に、インテリアデザインコース、建築デザインコースに分かれて専門教育を深めていきます。
  2. 主体性を育むためにアクティブラーニングを取り入れた授業を行います。
  3. 専門科目間の連携を重視した体系的な教育方法を取り入れています。
評価方法
  1. 外部機関等が主催するデザインコンペティション等を用いて学習効果を高めます。
  2. 2年終了時に、基礎レベルが修得できているかについて各種「学修到達度確認表」を用いて評価します。
  3. 4年終了時に、卒業にふさわしい学習成果を得られたかについて各種「学修到達度確認表」を用いて評価します。

人間健康学部

駒沢女子大学健康栄養学部は、教養教育科目と専門教育科目の枠を設け、全学ディプロマ・ポリシーで掲げている4つの教育目標を達成するために必要なカリキュラムと教育方法を用意しています(人間健康学部カリキュラムツリー人間健康学部教養教育科目カリキュラムマップ学修到達度確認表参照)。

健康栄養学科

健康栄養学科は、ディプロマ・ポリシーで掲げた教育目標を達成するために、次のようなカリキュラム編成と授業を行います(人間健康学部専門教育科目カリキュラムマップ参照)。

教育内容
  1. 栄養士・管理栄養士としての社会的責務を果たすことができるようにカリキュラムを作成しています。
  2. 社会人に求められる幅広い教養とコミュニケーション力を養うために、教養教育科目を設けています。
  3. 栄養士・管理栄養士に必要とされる専門的な知識及び技術を修得するために専門基礎科目と専門科目を設けています。
教育方法
  1. 豊富な実験・実習科目によって講義で学んだ知識を確認し、また、技術を修得します。
  2. 学外の施設で行う臨地実習によって、応用力や実践力を養います。
  3. 総合演習によって専門科目間の連携を図り、体系的な知識の修得を実現します。
評価方法
  1. 3年次に外部機関が主催する栄養士実力認定試験を用いて、栄養士に必要とされる知識の修得度を評価します。
  2. 4年次の総合演習で複数回行う筆記試験によって、専門基礎科目および専門科目の学習成果を評価します。
  3. 4年終了時に、卒業にふさわしい学習成果を得られたかについて各種「学修到達度確認表」を用いて評価します。

看護学部

駒沢女子大学看護学部は、教養教育科目、専門基礎科目、専門科目の枠を設け、全学ディプロマ・ポリシーで掲げている4つの教育目標を達成するために必要なカリキュラムと教育方法を用意しています(看護学部カリキュラムツリー看護学部教養教育科目カリキュラムマップ学修到達度確認表参照)。

看護学科

看護学科は、ディプロマ・ポリシーで掲げた教育目標を達成するために、次のようなカリキュラム編成と授業を行います(看護学部専門基礎科目・専門教育科目カリキュラムマップ参照)。

教育内容
  1. 社会人に求められる幅広い教養とコミュニケーション力を養うために、教養教育科目を設け、看護職者としての社会参加能力を養います。
  2. 看護師に必要とされる専門基礎科目と専門科目を設け、科学的根拠に基づいた知識と専門的知識及び技術を学び、臨地実習を通して豊かな人間性を養います。
  3. 選抜制として保健師教育課程、養護教諭二種教育課程を設定しています。
教育方法
  1. 看護学の理論と実践を系統的に学ぶことにより、看護実践力の強化を図ります。
  2. 豊富な実習・実技科目によって講義で学んだ知識についてポートフォリオを用いながら確認するとともに、学外施設で行う臨地実習によって応用力や実践力を養います。
  3. 現代社会に必要な技術と環境への対処能力をアクティブラーニングにより習得し、生涯にわたり自己研鑽する方法論を身に付けます。
評価方法
  1. 3年次の領域別臨地実習開始前には、客観的臨床能力試験(OSCE:Objective Structured Clinical Examination)を実施し、看護学生としての知識、技能、態度が一定基準に到達しているかを5つの能力(コミュニケーション力、専門力、判断力、技術力、実践力)を4つの水準(レベル1~レベル4)で評価します。
  2. 4年次の看護学統合実習終了後は、4年間既習学修の集大成としての成果発表を実習施設の指導者、在校生および参加希望の保護者に向けて実施し、教員・学生相互による8つの能力(教養力、人間性、コミュニケーション力、社会性、専門力、判断力、技術力、実践力)を4つの水準で評価します。
  3. 4年次の履修科目すべての終了時に卒業試験を実施し、卒業及び看護師国家試験合格にふさわしい専門的知識を評価します。4年間の学修成果(ラーニング・アウトカムズ)を学生と面接することによりフィードバックし 更なる学習成果を発展させられるように教員自身の自己評価をします。

人間総合学群 カリキュラムツリー

詳しくはこちらをご覧ください

学群・学類・専攻のカリキュラムマップ

教養教育科目

人間総合学群

学修到達度確認表

専門教育科目

人間文化学類

教職に関する科目

人間文化学類

博物館学芸員養成課程科目


専門教育科目

人間文化学類

人間健康学部 カリキュラムツリー

詳しくはこちらをご覧ください

学修到達度確認表

教養教育科目

専門教育科目

看護学部 カリキュラムツリー

詳しくはこちらをご覧ください

学修到達度確認表

教養教育科目

専門基礎科目・専門教育科目


人文学部 (平成29年度入学者まで)

人文学部(平成29年度入学者まで)のカリキュラム・ポリシーはこちら