アドミッション・ポリシー

1.駒沢女子大学のアドミッション・ポリシー

駒沢女子大学では、建学の精神、教育の理念を理解し、入学までに次のようなことを身につけている人を求めています。

  1. 身の回りの自然・社会・人間について基本的な知識を有している。
  2. 他者と交流し、多くの人とともに生きる姿勢をそなえている。
  3. 他者の書いた文章を読み、自分なりの言葉で内容をまとめることができる。
  4. 自分が関心を持つ教科・科目について、さらに学ぼうとする意欲を有している。

2.学類・学部・学科のアドミッション・ポリシー

人間総合学群(平成30年度入学者から)

駒沢女子大学人間総合学群では、建学の精神、教育の理念を理解し、入学までに次のようなことを身につけている人を求めています。

  1. 身の回りの自然・社会・人間について基本的な知識を有している。
  2. 他者と交流し、多くの人とともに生きる姿勢をそなえている。
  3. 他者の書いた文章を読み、自分なりの言葉で内容をまとめることができる。
  4. 自分が関心を持つ教科・科目について、さらに学ぼうとする意欲を有している。

人間文化学類

人間文化学類では、入学までに次のようなことを身につけている人を求めています。

  1. 言葉に関心があり、人とのコミュニケーションをとることができる。
  2. 人間の文化、歴史、社会に関する基礎的な知識を有している。
  3. 日本語、英語の基礎的な素養を有している。
  4. 高校の国語、外国語、地理歴史、公民について、学んだ内容とその魅力について説明できる。
高校での学習について

日本文化専攻
日本文化専攻を志望するみなさんには、「国語」「地理歴史(日本史)」などの内容にふだんから親しみ、日本文化にかかわるさまざまなジャンルの文章に触れておくことをお勧めします。また、多種多様な日本の文化を学ぶために、書物から得る知識ばかりでなく、各自の暮らす地域の伝統文化に接し、各種の博物館・美術館などに足を運ぶなど、実社会の文化に興味関心を持つことも有意義です。

人間関係専攻
人間関係専攻を志望するみなさんには、広く「人間」について興味を持ち、自分自身の視野を拡げることに関心と意欲をもっていることが求められます。そのために、「国語」「地理歴史(世界史、日本史、地理のいずれか)」「公民(現代社会、倫理、政治・経済のいずれか)」「情報」などの内容に親しみ、大学での学びの土台となる、読む・書く・聴く・話すなどの基礎的学力を身につけていることが期待されます。

英語コミュニケーション専攻
英語コミュニケーション専攻を志望するみなさんには、「外国語」を中心に「国語」「地理歴史(世界史、日本史、地理のいずれか)」など、さまざまな教科(科目)への関心を広げておくことをお勧めします。また、世界の多様な価値観を理解するためには、自分の価値観がどのようなものに根差しているのか、自分自身への問いかけも重要です。ふだんから書物や映像媒体に親しみながら、英語とその文化に広く関心を持ってほしいと考えています。

観光文化学類

観光文化学類では、入学までに次のようなことを身につけている人を求めています。

  1. 日本を中心に世界の文化・歴史・社会に関する基礎的な知識を有している。
  2. 言語とその運用に関心があり、コミュニケーション力の向上に意欲がある。
  3. 観光・文化に関心があり、観光産業に携わりたいという意思がある。
  4. 高校の国語・外国語・地理歴史・公民などの教科に関心があり、その魅力について説明できる。
高校での学習について

観光文化学類を志望するみなさんには、「地理歴史(世界史、日本史、地理のいずれか)」「外国語」などの内容に親しみ、「芸術(美術)」「国語」「公民(現代社会)(政治・経済)」などに広く関心を持つことをお勧めします。書物から得る知識だけではなく、自分が暮らしている国や地域の特徴など実社会での生活のありようにも興味関心を持つことが必要です。日頃から日本と世界を広く見渡すグローバルな視野を意識していただきたいと思います。

心理学類

心理学類では、入学までに次のようなことを身に付けている人を求めています。

  1. 人の心理に興味があり、社会と人間について基本的な知識を有している。
  2. 他者と交流し、多くの人とともに協働的に活動する姿勢を備えている。
  3. 基本的な資料や文献・書籍を読み、自分なりの言葉で内容をまとめることができる。
  4. 現代社会の諸問題や現象に対して、心理学の専門的知識と方法論を学ぼうとする意欲を有している。
高校での学習について

心理学は人間の「こころ」を対象にした学問領域です。私たちの周囲にあるものはすべてその「こころ」の働きが何らかの形でかかわっているといってもよいでしょう。ですから何に対しても探究する気持ちを持ち、想像力を豊かにしてものごとに接することを心掛けましょう。具体的な教科(科目)としては、人間のさまざまな感情の動きが表現された文学や芸術作品に触れる「国語」や「芸術(美術、音楽)」、外国の人々の精神文化を理解するための「外国語(英語)」、社会や組織の問題を対象にした「公民(現代社会)」、そして心身の健康を促進する「保健体育」などに積極的に取り組んでみると良いでしょう。

住空間デザイン学類

住空間デザイン学類では、入学までに次のようなことを身につけている人を求めています。

  1. 建築、インテリアのデザインやものづくりなどに興味がある。
  2. 好奇心を持って物事に取り組み、目標に向かって努力できる。
  3. コミュニケーション力を高め、将来社会に貢献する意欲がある。
  4. 読解力や記述力の基本を有している。
高校での学習について

住空間デザイン学類を志望するみなさんには、「国語」「情報」などの内容にふだんから親しみ、読む、書く、発表などに必要な基礎力を身につけておくこと、問題や課題を整理し表現するために情報機器等を積極的に活用することをお勧めします。また、少子高齢化から地球環境など私たちを取り巻く問題や、住まいや暮らしなどに興味を持ってほしいと考えています。

人間健康学部

駒沢女子大学人間健康学部では、建学の精神、教育の理念を理解し、入学までに次のようなことを身につけている人を求めています。

  1. 身の回りの自然・社会・人間について基本的な知識を有している。
  2. 他者と交流し、多くの人とともに生きる姿勢をそなえている。
  3. 他者の書いた文章を読み、自分なりの言葉で内容をまとめることができる。
  4. 自分が関心を持つ教科・科目について、さらに学ぼうとする意欲を有している。

健康栄養学科

健康栄養学科では、入学までに次のようなことを身につけている人を求めています。

  1. 栄養、食品、健康、医療などに関心をもっている。
  2. 栄養士・管理栄養士の業務を理解し、社会貢献の意欲をもっている。
  3. 実験や実習などのグループワークに積極的に取り組むことができる。
  4. 高校の生物基礎や化学基礎についての基礎的な知識を有している。
高校での学習について

健康栄養学科を志望する皆さんには、「国語」において語彙力や読解力、文章作成力を養っておくことを期待します。これは大学で学ぶすべての科目の基礎となり、たいへん重要です。また、「生物基礎」や「化学基礎」に関する基礎学力を十分に身につけておくこともたいせつです。これらの知識は、大学で専門基礎科目や専門科目を学ぶための土台となります。

看護学部

駒沢女子大学看護学部では、建学の精神、教育の理念を理解し、入学までに次のようなことを身に付けている人を求めています。

  1. 身の回りの自然・社会・人間について基本的な知識を有している。
  2. 他者と交流し、多くの人とともに生きる姿勢を備えている。
  3. 他者の書いた文章を読み、自分なりの言葉で内容をまとめることができる。
  4. 自分が関心を持つ教科・科目について、さらに学ぼうとする意欲を有している。

看護学科

看護学科では、入学までに次のようなことを身に付けている人を求めています。

  1. 建学の精神に共感し、知性と理性を備えたこころ豊かな人間形成を目指したい人。
  2. 高校までの基礎学力をしっかりと身に付け、主体的に継続的に学習する意欲のある人。
  3. 現状維持に満足することなく、何事にもチャレンジし変革を試みる気概のある人。
  4. 人に関心をもち、看護師を目指し、卒業後、社会に貢献することを望んでいる人。
高校での学習について

看護学部を志望するみなさんには、是非とも「国語」の語彙力や読解力、文章作成力は十分身につけてほしい必須科目です。「生物基礎」「化学基礎」「物理基礎」「数学Ⅰ・A」に関する基礎知識もしっかり学んでおいてください。これらの知識は、大学1年次より看護学の基礎となる医学や専門科目を学ぶための土台となるたいせつな科目となります。また「英語」は看護学を学ぶことで卒業後の進路に海外での活動を掲げることができますので、得意でなくとも好きな科目として高校での基礎を十分に身につけてください。

人文学部 (平成29年度入学者まで)

人文学部(平成29年度入学者まで)のアドミッション・ポリシーはこちら