• 観光文化学部観光文化学科(仮称・構想中)オープンキャンパス2024

2024年度オープンキャンパスのご案内

観光文化学科※1では、学科のことを詳しく知ることができるさまざまなイベントを開催します。

ご案内はこちらから

観光の未来をつくり、人と人をつなぐ文化の懸け橋に

世界の国々との交流が広がるなか、観光産業はますます発展するとともに有能な人材を求めています。
観光文化学科※1では観光産業で活躍できる人材の育成を目指し、自治体や観光関連企業と連携した実践力を高める授業のほか国家試験対策まで多彩な科目群を用意しています。

学びの概要学びの概要へ

1次世代の変革を担う女性リーダーを目指す

観光を学ぶことは、旅行、航空・鉄道、宿泊、リゾートなどの観光産業に従事するためだけではなくメディア、情報技術、ブライダル、都市計画、まちづくりといった幅広い分野に活躍の舞台が広がっています。産学官連携による実践的な学びを通じて主体性を養い、少子化やジェンダーギャップなどの女性が直面する課題を解決し、次世代の変革を担う女性を育成します。

科目例:観光マーケティング論

マーケティングは、経営戦略・事業計画、商品開発など企業経営や地域振興などにおいても不可欠な知識です。この科目では、観光ホスピタリティ産業の成功事例から企業経営や地域経営など学び、社会変革を推進する女性リーダーの育成を目指します。

2文化の橋渡しをする教養とコミュニケーション力を会得

現代社会は変化の激しい予測困難な時代です。世界の多様な文化や歴史などの教養を学ぶことは、広い視野と自文化を比較する眼を養い、常識にとらわれない柔軟な思考力や創造力を高めます。観光・ホスピタリティ産業に特化した「生きた外国語」を学びながら、異文化コミュニケーション力を高め、観光立国再開を見据えて、世界と日本をつなぐ文化の橋渡しができる人材を育てます。

科目例:世界の文化と国際接遇

海外の要人のおもてなしには、国際儀礼(プロトコール)の知識が欠かせません。世界のさまざまな文化や習慣を知ることは、相手に寄り添う接遇の基本です。要人訪日時の舞台裏から外国人接遇のヒントを得て、お客様との心の通った交流に生かせる実践力を身につけます。

3実践的な実務教育と少人数教育で就職力アップ

観光文化学科※1の学びは教室の中に留まりません。国内旅行研修、海外旅行研修、国内外でのインターンシップ、海外留学(海外実務実習)など学外での実践的な学びが充実しています。旅行業の就職に有利な旅行業務取扱管理者や世界遺産検定など資格対策も万全です。一人ひとりの目標に合った少人数教育によって、あらゆる業界に通用する社会人力を高めていきます。

科目例:インターンシップ実習

インターンシップでは、旅行・宿泊・テーマパーク・メディア・ブライダル・自治体などで1週間から1か月以上の実習に参加できます。事前学習では企業研究や履歴書など就職活動の疑似体験を行い、就職力を高めます。

受験生へのメッセージ

張 景泰(ジャン キョンテ) 先生

世界の多様性を理解し、女性活躍を推進できる人材を

長いコロナ禍を経て、世界は正解のない予測困難な時代を迎えており、ツーリズムは新たなあり方を模索すべき時が来ています。駒沢女子大学の観光文化学科※1では、「次世代の社会変革を担う女性」を育成する実務教育と、「人と人をつなぐホスピタリティ人材」を育てる教養教育を学生の個性に合わせて提供しています。一人ひとりの夢を実現できるように、多彩な専門性や豊富な実務経験を持つ教員が一丸となって応援していきます。

学科長より高校生の皆さんへ

  • 張 景泰(ジャン キョンテ) 先生
    張 景泰(ジャン キョンテ) 先生
担当科目
  • 観光学
  • ホスピタリティ概論
  • 観光の韓国語

  1. ※1 仮称・構想中
  2. ※2 観光文化学部 観光文化学科※1の前身である人間総合学群 観光文化学類の実績を紹介しています。