カリキュラム・ポリシー

1.駒沢女子大学大学院 人文科学研究科のカリキュラム・ポリシー

駒沢女子大学大学院人文科学研究科修士課程は、学位授与の方針に定めた能力を修得するため、必修科目、選択必修科目、選択科目に分けたカリキュラム編成を実施し、また修士論文の審査に合格するため、全学的テーラーメイド教育のもとに行われる論文執筆指導体制を用意しています。

2.専攻のカリキュラム・ポリシー

仏教文化専攻

仏教文化専攻は、ディプロマ・ポリシーで掲げた教育目標を達成するために、次のような教育課程を編成、実施しています(仏教文化専攻専門教育科目カリキュラムマップ参照)。

  1. 仏教文化に関する幅広い知識を身に付けるとともに、専門分野についての深い知識を涵養するために、文化史関連の必修科目、及び選択必修科目を含めた各特殊講義科目を配置しています。
  2. 仏教文化に関する専門領域を深め、創造的研究を進めていくために、原典講読科目、及び日本文化史、日本美術史、古典文学の演習科目を置いています。
  3. 修士論文の指導は、指導教員を中心に、複数の教員が集団で指導できる体制を整えることにより、多角的な視点からの学修を可能とするとともに、修士としてふさわしい高度な研究能力を涵養します。

臨床心理学専攻

臨床心理学専攻は、ディプロマ・ポリシーで掲げた教育目標を達成するために、次のような教育課程を編成、実施しています(臨床心理学専攻専門教育科目カリキュラムマップ参照)。

  1. 心理学に関する総合的な専門知識を身に付けるために、人格、認知、社会、家族、精神医学、障害者、教育等に関わる特講科目を必修選択として置いています。
  2. 心理に関する支援を要する者に対して、援助ができるようになるための基本能力を涵養するために、臨床心理学関連の特論科目、及び複数の演習、実習科目を必修科目として配置しています。また、指定された科目を修得することで、「公認心理師」「臨床心理士」の受験資格を得ることができる体制を整えています。
  3. 修士論文の指導は、指導教員を中心に、複数の教員が集団で指導できる体制を整えることにより、多角的な視点からの学修を可能にするとともに、修士としてふさわしい高度な研究能力を涵養します。

駒沢女子大学院 専門教育科目 カリキュラムマップ