1対象者の「こころ」に寄添う
管理栄養士を目指す

健康栄養学科では、栄養指導や栄養教育を行う対象者の身体的な健康状態はもちろんのこと、「こころ」にも十分な理解と配慮をもって健康の回復や維持・増進を支援することができる管理栄養士を養成しています。「臨床心理学」や「心理学」を必修科目と位置づけ、他の専門科目との密な連携を図ることにより、コミュニケーション能力に優れ、対象者の心身両面から健康をサポートできる優れた管理栄養士を養成しています。

2充実した実験・実習科目で
実践力や応用力を磨く

管理栄養士に求められる確かな知識や高度な技術を習得するためには、実技系科目が欠かせません。健康栄養学科では施設設備を充実させ、効果的な実験・実習科目の学びが実現できるよう配慮しています。また、病院、事業所、社会福祉施設、保健所、学校などの現場での業務を実際に体験する臨地実習(学外実習)は、大学内で学んだ知識と技術を統合し、さらに発展させて実践力や応用力を養うために重視しています。

3臨床栄養分野の教育を重視し
病院に高い就職実績をもつ

臨床栄養学は、傷病者を対象とした病院での業務を行うために欠かせない科目です。この臨床栄養学分野の教育を重視し、病室を模した実習室での実践的な実技を行うことによって、即戦力となる卒業生を送り出しています。そのため、病院のメディカルスタッフである管理栄養士としての就職実績が高く、多くの卒業生が入院患者さんの治療効果の向上に貢献しており、栄養サポートチーム(NST)などのチーム医療にも携わっています。

取得できる免許・資格

  1. ※1 卒業と同時に取得可能な免許・資格
  2. ※2 卒業と同時に任用されるための要件を満たすが、公務員や民間企業で採用されたあとに特定の業務に任用されることが必要な資格
  3. ※3 卒業必修科目以外に指定された4科目の単位を取得し、3年次あるいは4年次の資格認定試験に合格すれば卒業と同時に取得可能な資格

卒業後の進路

病院/福祉施設/事業所/保育園/委託給食会社/薬局/食品会社/一般企業/大学事務/大学院進学 など