1対象者の「こころ」に寄添う
管理栄養士を目指す

健康栄養学科では、栄養指導や栄養教育を行う対象者の身体的な健康状態はもちろんのこと、「こころ」にも十分な理解と配慮をもって健康の回復や維持・増進を支援することができる管理栄養士を養成しています。「臨床心理学」や「心理学」を必修科目と位置づけ、他の専門科目との密な連携を図ることにより、コミュニケーション能力に優れ、対象者の心身両面から健康をサポートできる優れた管理栄養士を養成しています。

2充実した実験・実習科目で
実践力や応用力を磨く

管理栄養士に求められる確かな知識や高度な技術を習得するためには、実技系科目が欠かせません。健康栄養学科では施設設備を充実させ、効果的な実験・実習科目の学びが実現できるよう配慮しています。また、病院、事業所、社会福祉施設、保健所、学校などの現場での業務を実際に体験する臨地実習(学外実習)は、大学内で学んだ知識と技術を統合し、さらに発展させて実践力や応用力を養うために重視しています。

3臨床栄養分野の教育を重視し
病院に高い就職実績をもつ

臨床栄養学は、傷病者を対象とした病院での業務を行うために欠かせない科目です。この臨床栄養学分野の教育を重視し、病室を模した実習室での実践的な実技を行うことによって、即戦力となる卒業生を送り出しています。そのため、病院のメディカルスタッフである管理栄養士としての就職実績が高く、多くの卒業生が入院患者さんの治療効果の向上に貢献しており、栄養サポートチーム(NST)などのチーム医療にも携わっています。

実践的な学び

スポーツ栄養学を活用したトップアスリートへの栄養サポート

  • 体成分分析装置による筋量・体脂肪量測定
    体成分分析装置による
    筋量・体脂肪量測定
  • 選手が撮った写真をもとに食事量の聞き取り
    選手が撮った写真をもとに
    食事量の聞き取り

本学科にはスポーツ栄養に関心のある学生が実践的に学修する機会として、「アスリート栄養サポートプロジェクト」があります。このプロジェクトでは、日本女子サッカーリーグに所属する日テレ・東京ヴェルディベレーザとその下部組織である日テレ・東京ヴェルディメニーナの選手達を対象にサポートを実践しています。ベレーザは多くの日本代表選手を擁し、歴代最多優勝数を誇るトップレベルのチームで、メニーナも年代別の日本代表選手を多く抱える中高生年代では常に上位にいるチームです。
本プロジェクトでは、このようなトップアスリートに対し、スポーツ栄養学に基づいた情報提供、および女性アスリート用に開発した食事メニューやお弁当の提供などを行っています。
とくに成長期にあるメニーナの選手に対しては、血液検査、体組成計測、骨密度検査、および栄養調査などの詳細な測定を定期的に行うことで、選手がベストパフォーマンスを発揮できるよう科学的なデータに基づいたサポートをしています。

「健康栄養相談室」事業を通じた実践的な学び

  • 成人向け健康フォローアップ事業の様子
  • 成人向け健康フォローアップ事業の様子
    成人向け
    健康フォローアップ事業の様子

学内には、実践的な栄養活動を行う「健康栄養相談室」が設置されています。「健康栄養相談室」では、専属の管理栄養士スタッフが健康栄養学科の教員とともに、稲城市や関連団体などと連携・協働しながらさまざまな活動を行っています。
親子クッキングや離乳食教室、個別栄養相談、成人向け健康フォローアップ事業、老人クラブでの栄養講座や介護予防教室、療養者栄養ケア事業、食文化料理教室など、幅広い世代を対象に地域の健康づくりに貢献しています。
本学科の学生は、希望によりこれらの事業の企画や実践、身体計測・運動機能測定の補助を体験することができ、講義や実習で学んだ内容を実践的に理解することができます。
また、実際の管理栄養士業務に間近に触れることで、管理栄養士の社会的な役割や地域貢献のやりがいを実感し、実践力を磨くためのまたとない機会にもなっています。

キャリアアップ

研究活動の機会や進路選択の幅を広げる、多様な施設での充実した臨地実習

臨地実習では、管理栄養士が実際に活躍する現場を体験し、種々の課題の発見とその解決を通じて実践力や応用力を養うとともに、管理栄養士の社会的な役割や貢献を学ぶことを目的としています。
本学では、管理栄養士養成施設に義務付けられている4単位(臨地実習Ⅰ・Ⅱ)に加え、4年次に3単位(臨地実習Ⅲ・Ⅳ)を選択科目として開講しています。充実した臨地実習は、現場が今直面している課題への対処法を考える研究活動(卒業研究)へとつながります。また、自分の適性や進路選択について考える機会にもなります。

本学における臨地実習のながれ

取得できる免許・資格

  1. ※1 卒業と同時に取得可能な免許・資格
  2. ※2 卒業と同時に任用されるための要件を満たすが、公務員や民間企業で採用されたあとに特定の業務に任用されることが必要な資格
  3. ※3 卒業必修科目以外に指定された4科目の単位を取得し、3年次あるいは4年次の資格認定試験に合格すれば卒業と同時に取得可能な資格

卒業後の進路

病院/福祉施設/事業所/保育園/委託給食会社/薬局/食品会社/一般企業/大学事務/大学院進学 など

  • 健康栄養学科 西村 一弘
    健康栄養学科
    西村 一弘

実践的な卒業研究 ―NewDays販売商品のメニュー開発―

本学科の卒業研究の場は、大学内にとどまりません。産官学連携によって、社会に直接貢献するテーマが多いのが特長です。一例として、JR駅構内のNewDaysで販売する商品のメニュー開発があります。㈱JR東日本リテールネット、味の素(株)との連携で行いました。この研究では健康的な食事をテーマに、野菜の摂取量を増やすなどの工夫をこらしたメニューを提案しました。完成した弁当2品、サンドイッチ1品、トルティーヤ1品は、2020年2月から約400店舗のNewDaysにて実際に発売されました。学生はこの卒業研究を通じて、種々の制約の中で商品を開発する難しさを知り、多くの実践的な学びを得ました。