寄付講座からインターンシップまで産官学の連携による学外実習

観光文化学類では産官学連携のもと、観光・ホスピタリティ産業の幅広い仕事を体験できる学外実習を行っているのが大きな特色です。国内外のインターンシップはもとより、大手旅行会社と連携してさまざまな観光分野で活躍する講師を招いた寄付講座を開講するほか、地域の観光協会と協力して観光まちづくりなどに取り組んでいます。

1.ツーリズムコマジョ(寄付講座)

ウィズコロナ時代において旅の本質と可能性をともに探る

大手旅行会社(株)エイチ・アイ・エスとの産学連携により、旅行会社や航空会社、ホテル、ブライダル企業、DMO(観光地経営法人)など、観光のさまざまな分野で活躍する企業幹部を講師に迎えた寄付講座を開催しています。2020年度は「旅の本質と観光の社会的役割」をメインテーマに、コロナ禍に直面する観光業界の現状、さらにポストコロナの観光業界はどのように変化して今後どのような可能性があるのか、オンライン授業を生かして観光の最前線について理解を深めました。

  • ツーリズムコマジョ(寄付講座)
    ツアープランも企業と共同開発。
    現在は若者向けに「遊学旅」を企画

おもなゲストスピーカー

  • (株)エイチ・アイ・エス ダイバーシティ&インクルージョン推進室 鬼島絵里 様・野田恵 様
  • 鶴巻温泉元湯陣屋 女将・代表取締役 宮崎知子 様
  • 文藝春秋 CREA WEB編集長 倉林里実 様
  • ハワイ州観光局 日本支局長 ミツエ・ヴァーレイ 様
  • British Airways Plc. 旅客営業部長 井上さつき 様 ほか

H.I.S.との産学連携

観光学

学生企画ツアープラン商品化

ゼミの研究課題として、H.I.S.とツアープランの共同開発を行っています。現在、若者の海外旅行促進を目的に、世界を楽しく学ぶ「遊学旅」の開発を進めています。

観光学

寄付講座

旅行会社やホテル、ブライダル企業など、観光・ホスピタリティ産業のさまざまな分野で活躍する女性経営者・女性の企業幹部を講師に迎え、女性のキャリアデザインをテーマに講義を行っています。

稲城市観光協会との産学連携

観光学

観光まちづくり

稲城市の観光振興による地域活性化を目的に活動しています。稲城市観光協会の学生事業部として、稲城市の観光資源を生かしたイベントなど観光まちづくり活動を企画・実施しています。

2.インターンシップ

将来に役立つ幅広い実務を体験 社会人基礎力を養う事前研修もしっかりと

春休みや夏休みを利用して、国内外の旅行会社やホテルを中心に実習や職場体験を行います。国内では異なる業種での参加が3回まで可能。海外はハワイに滞在し、日米交流イベントにもボランティアとして参加します。実習前には関連授業や企業訪問などの事前研修があり、進路選択につながる実務を広く体験できます。

  • インターンシップに臨む前に社会人としてのマナーや業界知識を学ぶので、研修先では実務に集中できます。
    インターンシップに臨む前に社会人としてのマナーや業界知識を学ぶので、研修先では実務に集中できます。

国内インターンシップ

2019年度の春季インターンシップでは、旅行会社やホテルをはじめブライダル会社、証券会社、広告・出版関連企業などで実習を行いました。11名の学生が参加し、さまざまな業種の職業体験を通してそれぞれの実務と働く姿勢を学びました。参加学生からは、将来の仕事についてあらためて明確な目標ができたという声も多く聞かれました。

海外インターンシップ

2020年3月に米国ハワイ州のオアフ島で実施され、観光文化学類の2年生10名が参加しました。実習中は現地スタッフと交流を深め、フラダンスなどの文化教室にも参加しました。また、ホノルルビーチ沿いにある4つのホテルを見学し、各ホテルの施設と特徴、歴史などについてJTB現地社員から説明を受け、ハワイの観光事情を学びました。

海外インターンシップ

JTB本社での事前研修

参加学生は事前に「旅行業実務論」「宿泊業・飲食業実務論」「ホスピタリティ概論」を履修します。出発前にはJTBで事前研修を行い、あらためて旅行実務を学ぶとともに、英語による自己紹介やプレゼンテーションなどを練習しました。

海外インターンシップ

ホテル研修

リゾートホテルの研修ではフロントやベル、アジアサービスデスクなどの業務を体験。スタッフの接客は親しみやすく良い意味でゲストとの距離が近く、日本とは異なるホスピタリティを学べたことが印象に残りました。

海外旅行研修

観光学

夏休みの約1週間、シンガポールで海外の観光資源の見方をプロの視点から学び、現地の大学生との交流を通じて国際感覚を養います。

2019年度研修内容(一部)

  • H.I.S.本社での事前研修、ヒルトンホテルなどのホテルの視察
  • 統合型リゾート(IR)の観光資源調査
  • シンガポール国立大学の現地学生との国際交流

国内旅行研修

観光学

夏休みに行われる1泊2日の研修では、国際化する日本の観光産業の現場を訪れて、プロの視点・技術を学びます。

2019年度研修内容(一部)

  • JTB社員、元客室乗務員による事前研修
  • JAL羽田オペレーションセンター訪問
  • 箱根にて訪日外国人観光客への英語観光ガイドの実践

3.宿泊・バスツアー研修

観光文化学類の学びが本格的に始まる2年次の4月に、学生教員全員で宿泊・バスツアー研修を行っています。
観光文化学類での学びについて理解を深め、観光産業の可能性を体感することを目的としています。