ニュース&トピックスニュース&トピックストップへ

こころを知る―
私の“これまで”を見つめ、“これから”を創る

“こころ”――それは、「これまでの私」と「これからの私」を結びつけるかけがえのないもの。
そんな“こころ”は、現代という時代にどのような姿で捉えられているのでしょうか。
心理学の「今」を知り、未来を切り開いてゆく私を創る――
それが心理学類での学びなのです。

各分野を幅広く学ぶ

心理学は「基礎心理学」と「応用心理学」に大別され、さらに、いくつもの分野に分かれています。本学類では数多くの科目を設けて、幅広く心理学の各分野に親しめるようになっています。

興味を見つけ高度に追究

本学併設の大学院で指導にあたる教員たちが、授業を担当します。経験豊かな専門家から心理学の各分野を幅広く学び、興味のある分野を専門性高く追究できる環境です。

学類の特色学類の特色へ

1「こころ」に関する
知識を学ぶ

長い歴史のなかでたくさんの知識が積み重ねられてきた心理学。複雑で難しそうと感じられても、段階的に学べば理解もしやすいはず。心理学類では、心理学の基礎知識や研究方法の習得を通して、情報を収集して分析する力、他者とかかわり協働していく力、課題に対して適切な方法で取り組む主体性を伸ばし、問題解決の力を育みます。

2「知識と実践」
「受信と発信」を学ぶ

「こころ」について学ぶということは、単に知識を増やせば良いというものではありません。知識を詰め込むような「勉強」ではなく、知識を「実践」につなげていくために少人数のゼミ形式の授業や、実習形式の科目を通して体験的に学び、あわせて自らの考えを発信し、人の考えを受信するという相互コミュニケーションの力を伸ばします。

3効率的でフレキシブルな
カリキュラム

心理学類では心理学という学問領域を多角的な視野から捉え、その内容を効率的に、そしてフレキシブルに学ぶためのカリキュラムを用意しています。多様な科目を履修することによって、心理学の知見を生かして現代のさまざまな問題にアプローチする力を身につけたり、「こころ」のトラブルについて理解を深め、他者を援助していく力を育んでいきます。