ニュース&トピックスニュース&トピックストップへ

ニュース&トピックスでは、「アクティビティ!」「ボイス」「オープンキャンパス」について紹介しています。

観光の未来をつくり、人と人をつなぐ架け橋に

世界の国々との交流が広がるなか、観光産業はますます発展するとともに有能な人材を求めています。
観光文化学類では観光業界で活躍できる人材の育成を目指し、観光にかかわる基礎的な知識を学ぶ科目から自治体や観光関連企業と連携した実践的な授業のほか国家試験対策まで多彩な科目群を用意しています。
さらにインターンシップや研修旅行など豊富な実習機会を利用して、観光の現場で通用する知識と技能を効果的に身につけることができます。
就職に向けたサポート体制も万全です。

学びの概要学びの概要へ

1観光の基礎と実務を学び
準備を整えて実習に参加

観光文化学類では専門的な知識と技能を効果的に学修できるよう、多彩な科目が用意されています。授業で観光産業の概要を学び、ホテルや旅行会社といった観光業界の実務を理解したうえで実習に参加します。実習プログラムは客室乗務員・地上職の体験研修、旅行会社の添乗員体験、海外旅行研修など、豊富に設けられています。

2日本と外国の架橋として
グローバルな教養を会得

観光業界で活躍するには、国内外の歴史や文化遺産、美術、宗教などの知識が求められます。さらに語学力はもとより、こうした知識を踏まえたコミュニケーション力も高める必要があります。観光文化学類では観光・ホスピタリティ産業に特化した、「使える外国語」を効率的に学ぶとともに、世界で通用する教養力・発信力を鍛えます。

3観光業界の即戦力になる
現場対応力を身につける

学類の授業は、学生の主体的な取り組みによるアクティブラーニングが中心です。テーマ発表などを通じて企画力や交渉力、運営力を磨きながら、卒業後に観光業界の即戦力として活躍する力を養っていきます。さらに専門ゼミの集大成となるツアープランのプレゼンテーションなどを通じ、確かな現場対応力を身につけます。