1. ※ 教養教育科目は観光文化学類に関連性の高い一部の科目をあげています。
  2. ※ 2022年度カリキュラムについては現在検討中です。一部の科目に名称などを変更する可能性があります。

ピックアップ科目

観光学

現代社会においてますます重要性が高まる観光学。授業では観光の基礎理論を中心に観光の各要素はもちろん、最新の動向や現場の実情についても学びます。また観光産業の課題について自分の考えをまとめ、グループワークで意見を集約します。

観光の英語Ⅰ

海外で道を尋ねる、空港やホテルで会話する、レストランで注文するといった海外旅行で使える英語や国際的な観光業務に必要な英語の運用能力を習得。ペアワークやロールプレイで楽しく反復練習を行い、積極的にコミュニケーションする姿勢も身につけます。

地域観光資源研究

ユネスコの無形文化遺産に認定された和食をはじめ、日本の伝統工芸や祭りなどを地域の観光資源と捉え理解を深めるとともに、その現状と展望、活性化のための戦略、将来性について考察。観光地を取り巻く状況を認識して批判的思考力を培います。