1観光業とおもてなしの心を学び
実践力を養う

観光を知る基本科目から、各業界の実務を学ぶ科目、国家試験対策講座まで、多彩な専門科目が用意されています。専門知識を身につけたうえで、ホテル・観光関連企業などでのインターンシップ、客室乗務員・地上職の体験研修、海外旅行研修など、豊富に設けられている実習・研修に参加しましょう。知識と技能を効果的に身につけることで、ホスピタリティ精神と実践力を養うことができます。

2多様な文化を知り
国際教養を身につける

国内外の文化遺産、歴史、美術、宗教などの知識は、観光業界で活躍するためだけでなく、社会人としても欠かせません。また、日本と外国の橋渡しとして、語学力のみならず、世界各国の歴史や文化をふまえたコミュニケーション力も必要です。観光・ホスピタリティ産業に特化した、すぐに使える外国語を効率的に学び、発信力を鍛え、観光を取り巻く教養とグローバルな視野を身につけます。

3観光業界で活躍できる
人材を目指す

卒業後、観光にかかわるさまざまな業界で即戦力として活躍できる力を身につけます。学生の主体的な取り組みを中心としたアクティブラーニング型の授業の中で、学生同士が相互に協力し合いながら、交渉力、運営力、企画力、プレゼンテーション能力を高めていきます。観光業界での実習・研修や、専門ゼミでの集大成としてのツアープランのプレゼンテーションなどを通じ、現場への対応力を養います。

インターンシップ

インターンシップ

観光文化学類のインターンシップ先には、ホテル、大手旅行会社、ブライダルをはじめ、多様な観光・ホスピタリティ産業の業種があります。
2年次の夏休みから、異なる業種での参加が3回まで可能です。参加前には、旅行業、宿泊業、航空・空港業などの第一線で活躍してきた講師による実務論の授業講義で業界について予備知識を得て、観光・ホスピタリティの現場での実践へとつなげます。
春休みにハワイで行う海外インターンシップでは、現地ホテルや旅行会社、ホノルル・フェスティバルで英語を使いながら顧客サービスを体験します。

取得できる免許・資格

  1. ※ 卒業と同時に取得可能な免許・資格

国家試験対策(関連科目)

  1. ※ 人間総合学群所属の1年次後期から履修可能

教科と関連の深い資格

国内旅行業務取扱管理者(国家試験)/総合旅行業務取扱管理者(国家試験)/世界遺産検定/旅行地理検定/観光英語検定/おもてなし検定/サービス接遇検定/MOS試験(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)/秘書検定 など

卒業後の進路

ツアー・コンダクター/ツアー・プランナー/ホテル・クラーク/グランド・スタッフ/フライト・アテンダント/観光、レジャー、イベント関連企業 など