綾野 鈴子

綾野 鈴子

准教授

保育内容総論/教育実習(2年)/保育・教職実践演習(幼稚園)/保育実習指導Ⅰ(保育所)/保育実習Ⅰ(保育所)

学位及び業績

専門分野

活動・経歴

保育者として担任・主任教諭を経験した後、共立女子大学家政学部児童学専攻博士前期課程に入学、修了。その後、専門学校・短大・4年制大学の保育者養成校において、主に実践科目や実習を担当し、現在に至る。時間を見つけては保育の現場に足を運び、子どもの姿や保育者の子どもに向ける穏やかな眼差しに癒されながら、保育者の成長・保育内容について研究を進めている。

メッセージ

保育は主体的で自由で楽しく、子どもと保育者が相互にかかわり合いながらおもしろさを追求していくことだと思います。その中で、遊びを通して日々変化する子どもの発達を支えるための援助が必要になります。そのためには、子どもになりきって思いきり遊び楽しむ経験や、子どもの持つ力や遊びについて深く考えることが大切です。保育の現場で私自身が経験した子どもとの遊びや保育の魅力をお伝えしながら授業を進めたいと思います。

教員紹介