1「想」「奏」「創」を
キーワードに
表現力のつばさを広げる

保育者に必要な表現力を、「想」(身体表現)、「奏」(音楽表現)、「創」(造形表現)の3つのキーワードで掲げています。保育科ではこれらの表現に必要な感性や技術を2年間でしっかりと身につけていきます。たいせつなのは、まず自分自身が思いきり音楽や工作、ダンスなどを楽しむこと。子どもの豊かな創造力に近づくための学びです。

2高い就職実績を下支えする
卒業生の実践スキル

開設から55年の伝統を誇る保育科は、これまで約1万1千人の保育者を輩出してきました。100%の就職率はもちろん、卒業生が高い評価を得ているのは保育の実践力が信頼されているからです。実習や実技、演習など、どの科目も実践的な授業を展開し、日々の学びがそのまま即戦力につながるようカリキュラムが構築されています。

3仲間や先輩たちと
卒業後もずっとつながる

保育科の卒業生はほぼ全員が保育者として就職します。全国の保育現場では多くの卒業生が活躍しており、中でも園長、施設長、主任など、指導的立場の卒業生は、学生の実習や就職を支えてくれる頼もしい存在。そのつながりは、保育科にとってかけがえのないものです。同じ夢を持つ仲間と励まし合い成長することで、卒業後も深い絆で結ばれます。

未来を切り開く4つの力

人格形成において最もたいせつな乳幼児期に寄り添う保育者。
保育科では子どもの未来を担う保育者に求められる資質として、「思考力」「表現力」「遊び力」「人間力」の4つを掲げ、質の高い保育実践を通して社会に貢献する保育者を育成します。

  • 未来を切り開く4つの力
  • 未来を切り開く4つの力
    画像タップで拡大表示

保育科 ミニ講義

子どもが見ている独特の世界を保育者の視点で理解していく
interview:田口 禎子 先生 授業名:保育の心理学

子どもの行動や言葉の背景にある気持ちを考える

子どもとの交流は異文化コミュニケーションに似ています。1歳の子どもに対して大人と同じように話しかけたり遊んだりしても、まったく意思疎通はできません。発達段階に応じた対応の方法があり、それを知っている必要があります。
人間は生まれてから大人になるまで生涯発達していく生き物で、そこにはある程度の共通した傾向があることがわかっています。発達の初期段階である幼児期は、大人である私たちとはまったく異なる世界が見えています。たとえば、幅広のコップに入れた水を縦長のコップに移し替えたとき、幼児の目にはまるで水が増えたように感じられます。また、石やおもちゃなどの物にも、自分と同じように命があると考えて話しかけたりします。保育は実戦的な内容や技術を身につけることがもちろんたいせつですが、子どもの行動や言葉の背景にある気持ちを理解しながらかかわるという保育者自身の柔軟性についても意識していかなければなりません。

「保育の心理学」は、子どもなりの人との付き合い方があるということを、発達心理学をベースに学んでいきます。子どもの世界をちょっとのぞかせてもらっているようなおもしろさを感じながら勉強に取り組むことで、きっとさまざまな発見があるはずです。

保育者としてどうあるべきか主体的に考えられるような授業

生涯発達における幼児の変化を学ぶために、授業では幼児期だけでなく成人期の発達も扱い、保育者である自分自身を発達という観点でも見つめます。子どもの発達を支える保育のあり方を学生自身が主体的に考えることを目指し、講義だけでなく課題をレポートにまとめたり小テストをしたりしながら理解を深めていきます。

学生×教員インタビュー Tailor-made Education

  • 学生×教員インタビュー

知識と実践をしっかりつなげて理解する様子に感心しました
今井 大二郎 先生 担当科目:社会的養護Ⅰ・Ⅱ/保育実習指導Ⅰ(施設) など

授業に熱心に参加するだけでなく個人で学習支援ボランティアにも取り組むなど、人の役に立つ仕事に就きたいという強い思いが印象的だったTさん。研究室にもよく来てくれていて、施設見学会の情報や子どもの虐待に関する文献を紹介するなど、さまざまなサポートを行いました。児童養護施設での実習では、日頃の学びと実践をつなげて理解できていると現場の指導者からも高評価でした。2年間の経験を原動力に、一人ひとりの子どもと向き合ってほしいと思います。

先生の紹介で現場を経験でき、社会福祉への理解が深まりました
保育科2年 Tさん

今井先生は、社会福祉への熱い気持ちがあるだけでなく、とても学生思いで相談しやすい先生です。私は児童養護施設や乳児院で働くことに関心がありました。先生にその話をしたところ、言われたのが「それなら現場を見て、現場の声を聞いたほうが良いよ」という言葉。そして実際に乳児院を紹介していただき、さらに園長先生にお話までうかがうことができました。どんな施設でどのような思いを持った職員の方々が働いているのかを理解することができ、大きな学びになりました。

Tさんの成長ステップ >

  • Tさんの成長ステップ
  • Tさんの成長ステップ
    画像タップで拡大表示