古屋 真

古屋 真

准教授

教育原理/教育方法/保育・教育課程論/幼児教育制度論/ボランティア実習/保育・教職実践演習(幼稚園)/教育実習(1年)

学位及び業績

専門分野

活動・経歴

法政大学文学部心理学科卒業。東京学芸大学大学院教育学研究科学校心理コース修了。
修了後、東京学芸大学において、幼稚園と小学校の一貫教育(接続教育)や、幼稚園と保育園の連携に関する研究プロジェクトの研究員を経て現職に至る。
幼稚園や保育園の先生方の「臨機応変さ:柔軟的思考」や子どもの「体験活動」の教育的効果をテーマに研究を重ねるかたわら、子育て支援や被災地支援のボランティア活動にも取り組んでいる。

メッセージ

学生の頃から、幼稚園や保育園の子どもたちと遊んだり、小学校の子どもたちと自然体験をしたり、「行動」しながら「人を育てることとは何か」を勉強してきました。
学生のみなさんも、心と身体を動かしながら、保育の勉強を深めていただけたらうれしいです。

教員紹介