キウイフルーツ果実からソラレンは検出されない

西山一朗

多くのサイトで「キウイフルーツ(キウイ)には光毒性をもつソラレンが含まれる」とか、「キウイフルーツにはソラレンがたくさん含まれるので、朝食べてはダメ」あるいは「キウイフルーツを食べてから日光を浴びると、日焼けやシミ・シワがひどくなる」ということが、もっともらしく書かれています。しかし、どのサイトを見ても、キウイフルーツ果実にどれだけのソラレンが含まれているかが書いてありません。

さて、この情報は本当でしょうか?本当だとすると、せっかくのビタミンC(アスコルビン酸)たっぷりのキウイフルーツを朝から食べるのが心配になりますね。最初に結論から言います。

キウイフルーツにソラレンが含まれているというのはまったくの間違いです。科学的根拠も、それらしい資料も何一つない、完全に事実無根の誤情報です。したがって、キウイフルーツを朝食べると、日焼けやシミ・シワがひどくなるという話も、すべて架空の作り話です。キウイフルーツを一度に1,000個食べても、ソラレンの問題はありません。

私は実際に、キウイフルーツ果実に含まれるソラレンおよびその関連物質の量を、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)によって測定してみました。その結果、ソラレンはもちろんのこと、その構造類縁体である5-メトキシソラレン(ベルガプテン)、8-メトキシソラレン、イソソラレン(アンゲリシン)も、いずれも検出されませんでした。この測定法の検出限界値から計算すると、キウイフルーツの可食部100グラム当りに含まれるソラレンの量は、7.5マイクログラム未満(0.0000075グラム未満)という結果になりました。もちろんまったく含まれていない可能性も大いにあります。この実験の詳しい説明は、このページの下部をご覧ください。

ソラレンを何ミリグラム経口摂取すると有害なのかという、はっきりとしたデータはありませんが、仮に多くの人が書いている8~10ミリグラム(0.008~0.010グラム)以上摂取すると良くないとしましょう。これをもとに計算すると、キウイフルーツを107~133キログラム食べると、もしかしたら良くないかもしれない、という計算になります。キウイフルーツは1個が約100グラムですので、「ソラレンが心配ならば、一度にキウイフルーツを1,070~1,330個は食べない方がいいですよ」という笑い話になります。一般的な感覚としては、「キウイフルーツ果実にソラレンは含まれていない」と言い切っても、問題はないでしょう。

では、どうしてキウイフルーツにソラレンが含まれる(サイトによっては「たくさん含まれる」とか「豊富に含まれる」とも書かれています)という完全なデマが広まったのでしょうか。私が調査した結果は、以下のとおりです。

  1. TBSが2015年7月27日に放送した「世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?」というバラエティ番組で、「グレープフルーツ、レモン、オレンジなどの柑橘類やいちじく、キウイなどのフルーツ、セロリやパセリなどの野菜には、光毒性をもつソラレンという物質が含まれていて、これらのフルーツや野菜を朝食べて、その後日光を浴びると、紫外線を吸収しやすいため日焼けやシミ・シワが増える可能性がある」という情報が流れた。
  2. これまで美肌のために良いと思われてきたビタミンC(アスコルビン酸)たっぷりのキウイフルーツなどが、実はシミやシワを増やす原因かもしれない、というセンセーショナルな内容であったため、多くの人がネット上のサイトで紹介した。
  3. その後、同様の内容が、同じくTBSの「林先生が驚く初耳学!」、日本テレビの「ヒルナンデス」、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」や「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」その他で取り上げられ、認知度が上昇した。
  4. これにより、さらに多くの人がいろいろなサイトで紹介し、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSを介して拡散した。
  5. あまりに多くのサイトに同じような内容が書いてあるため、多くの人がこの情報を信じるようになった。やがて美容関係者、ヨガインストラクター、薬剤師、栄養士・管理栄養士、鍼灸師、美容外科や皮膚科のクリニック関係者などの専門家や専門職の人の中にも、エビデンスの検証もせず、半ば常識と勘違いしてこの誤った情報を種々のサイトに書いて広める人が増えてきた。
  6. ついには研究者までが、何の文献も引用せずに「キウイフルーツにソラレンが含まれ・・・」と学術論文に記載するケースも出てきた。(この著者には直接問合せ、「メディア情報が頭にあって、根拠なく誤って書いた」ことを確認済み。)

このような経緯で、今では「キウイフルーツにソラレンが含まれる」という事実無根のデマが、半ば既成事実化してしまったようです。

最近になって、TBSの「世にも不思議なランキング」の、当時の番組プロデューサーの方とお話することができました。何の根拠があって「キウイフルーツにソラレンが含まれる」とされたのかをうかがいましたところ、次のような回答が返って来ました。「いろいろ文献を調査したが、キウイフルーツにソラレンが含まれるという根拠となる資料がみつからない。そのため、根拠資料を提示することができない。しかし、訂正やお詫びをするとなると、すべての果物や野菜の調査をやり直すことになるため、現実問題として不可能である。」とても正直ではありますが、随分とひどい話です。やはりキウイフルーツは、何の根拠もないまま、「ソラレンという光毒性をもつ物質を含む」という濡れ衣を着せられたわけです。そしてだれも責任を取らない。これでは、エビデンスもなしに何でも言いたい放題ということになってしまいます。

私はキウイフルーツ果実成分の分析を専門に行っているため、ここではキウイフルーツについての疑惑だけを取り上げましたが、この話には、怪しい点が他にもたくさんあります。たとえばイチジクですが、文献調査をしたところ、イチジクの葉にソラレンが多量に含まれるという文献は確かにありました。しかし、イチジク果実ではソラレンは検出されないとも書かれていました。したがって、イチジク果実にソラレンが多量に含まれる、というのも、おそらく間違いでしょう。また、セロリについても、真菌に感染して菌核病を発症したセロリではソラレンが何倍にも増えるようですが、普通に食べるセロリでは、おそらく問題になるような量のソラレンは含まれないようです。グレープフルーツやオレンジも、皮にはある程度含まれるようですが、果肉に含まれるソラレンはそれほど多くなく、普通に食べても日焼けが増すようなことはないでしょう。このように、この話はかなりの部分が虚構と言えそうです。

では、なぜこんなデタラメな話が、いつまでも淘汰されることなくネット上に存在し続けるのでしょうか?私なりに次のような理由を考えました。

  1. ソラレンは目に見えるものではないので、一般の人が誤りであることを見抜くことが不可能である。
  2. 研究者が測定してみれば、すぐに間違いだとわかるが、「キウイフルーツ果実には、ソラレンが含まれていなかった」というような内容では、学会発表や学術論文にはなりえないため、本気で測定をする研究者がいない。
  3. 番組では、「オレンジ、キウイフルーツ、セロリなどはソラレンを含んでいるので、食べてはいけない」とは言っていない。「これらもいろいろな有用な機能性成分を含んでいるので、食べる時間帯を考えるべき」と主張している。したがって、ドールやサンキストといったこれらの果実およびその加工品を扱う大手企業も、テレビ局や各サイトの運営者(消費者でもある)と対立したり訴訟を起こしたりしてまで、事の真偽を争うことに利益がない。
  4. 事実と異なる内容がネット上に記載されていても、それを排除する方法がない。たとえば、「健康に良い」ことを謳うことによって商品を販売しているのであれば、JAROや消費者庁などの窓口から、是正を問うことが可能である。また、事実と異なることを書かれて、人権侵害が起きているのであれば、総務省や警視庁の窓口から、情報の削除を依頼することが可能である。しかし、今回のケースはそのいずれにも当たらないため、情報を排除するための糸口が見つからない。

このような訳で、いまのところ、各サイトの運営者の方に一件一件記載内容の修正をお願いするしかないのが実態です。それでも2020年3月16日現在、108か所のサイトの運営者様にご理解をいただき、「キウイにソラレンが多く含まれる」などといった記述を修正していただくことができました。ご理解・ご協力をいただきましたサイト運営者の皆さまに、厚く御礼申し上げます。また、これ以上安易に追随する番組が出て来ないよう、放送倫理・番組向上機構(BPO)を通じて、「明確な根拠資料がない限り、ある食品に毒性を示す物質が含まれているなどと言うことは許されない」という当たり前のことを、各放送局に釘をさしてもらいました。

本当にとんだ空騒ぎです。しかし、良い勉強にもなりました。根拠のない有害情報が流れた場合は、「根拠のないことはやがて消えるだろう」と楽観していてはいけません。可能な限り早く、情報を流した団体の倫理委員会や、JARO、消費者庁、総務省、法務省、警視庁、BPO、インターネット 違法・有害情報相談センター、ファクトチェックなどの適切な窓口からアクションを起こして、有害情報を封じ込める必要があります。そうしないと、根も葉もない誤情報はやがて広範に拡散し既成事実化して、手の施しようがなくなるかもしれません。今回の「キウイフルーツにソラレンが含まれる」のような悲劇を繰り返さないために、ぜひご注意ください。

キウイフルーツ果実に含まれるソラレン濃度の測定

目的

ネット上には「キウイフルーツにソラレンが多く含まれる」とする記載が多く見られる。しかし、キウイフルーツ果実に含まれるソラレンを定量的に扱った先行研究は皆無であるため、その定量を行うことを目的として、実験を行った。

材料

キウイフルーツ果実は、最も一般的な商業栽培品種である‘ヘイワード’種を用いた。愛媛県産および神奈川県産(2つの異なる圃場のもの)の適熟期果実を実験に供した。
高速液体クロマトグラフィー(HPLC)用の標品として、ソラレンおよびイソソラレン(アンゲリシン)は富士フィルム和光純薬から、また、5-メトキシソラレン(ベルガプテン)および8-メトキシソラレンはシグマ-アルドリッチから購入して使用した。HPLC用のアセトニトリルは、富士フィルム和光純薬から購入して実験に供した。エタノールおよびメタノールは特級試薬を用いた。

  • ソラレン 5-メトキシソラレン(ベルガプテン)
  • 8-メトキシソラレン イソソラレン(アンゲリシン)

方法

  1. ① 標準溶液の作製:それぞれの標品は、250μg/mLとなるようエタノールに溶解し、保存溶液とした。実験に際しては、これをメタノールで0.025~10μg/mLに希釈して、HPLC分析の標準溶液とした。
  2. ② キウイフルーツ果実抽出液の作製:果実を剥皮し、3果分の可食部を合してフードプロセッサーでピューレ状に破砕した。作製したピューレ5.00gを計り取り、氷冷したメタノール20 mLを加え、ミキサー型ホモジナイザー(ウルトラタラックスT25型、IKE)によりホモジナイズした。これを遠心分離(10,000 × g、4℃、10分間)することにより、上清を分取した。沈殿に再び冷メタノール20 mLを加え、同様にホモジナイズし遠心分離を行い、上清を回収し、これら2回分の上清を合した。この抽出液をロータリーエバポレーターで濃縮した後、冷メタノールを加えて15.0 mLに定容し、試料の一部をディスクフィルター(0.22 μm)でろ過し、ソラレン定量用の試料とした。なお、上記の操作は、すべて氷冷して行った。試料作製はそれぞれ独立して3回行った。
  3. ③ HPLC分析:ソラレン等の分析は、LiChroCART 250-4 LiChrospher 100 RP-18e(5 μm)カラム(4 mm×125 mm、メルク社)を用いたHPLC法により行った。カラム温度は30℃にセットした。移動相はアセトニトリル-水(35:65,v/v)を用い、流速1.0 mL/分のイソクラティック溶出を行った。注入する試料の体積は10μLとした。検出器はL-2420 UV-VIS detector(日立)を用い、またクロマトグラムの解析にはD-2500型データ処理装置(日立)を用いた。検出波長は310 nmとした。

結果

  1. ① 標準溶液の検出限界:直線形フラノクマリン標準溶液(各々10μg/mL)をHPLCで分析したところ、ソラレン、8-メトキシソラレンおよび5-メトキシソラレンは、保持時間5.50分、5. 95分および8.07分にそれぞれ認められた(図1)。クロマトパターンより、この溶出法によって、相互の分離が可能であることが確かめられた。一方、非線形フラノクマリンであるアンゲリシン(10μg/mL)の保持時間は5.99分であり、8-メトキシソラレンとほぼ同一であることが確かめられた(図1)。
    各標準溶液の濃度を0.025μg/mLに希釈した場合でも、標品のピークの認識は可能であり、S/N比も検出可能な範囲であった(図2)。これをさらに2分の1に希釈した場合には、S/N比が小さくなり、ピークの検出が困難となった。そのため、各物質の検出限界値は、0.025μg/mLと判定した。
  2. ② キウイフルーツ抽出液のHPLC分析:キウイフルーツ抽出液を同様の条件でHPLC分析に供した結果を、図1および図2の最下部に示す。通常の感度での分析(図1)においても、検出感度を限界まで高めた場合(図2)でも、いずれの場合にも、ソラレンおよびそのアナログが溶出する5.50分~8.07分の範囲には、ピークがまったく検出されなかった。このことから、このキウイフルーツ抽出液に含まれるソラレン等の濃度は、0.025μg/mL未満であることが確かめられた。
    この値に抽出液の体積15(mL)を掛け、可食部100 g当りに換算するため100/5.0 = 20を掛けると、キウイフルーツ可食部100 g当たりのソラレン含量は、7.5μg(0.0000075 g)未満と計算される。通常の感覚では、「キウイフルーツにソラレンは含まれていない」と言って差し支えないレベルである。多くのサイトに記載してある「10 mg(0.01 g)程度のソラレンを経口摂取すると、皮膚に影響が出る可能性がある」という話が仮に本当だとすると、133 kgのキウイフルーツ(約1330個分)を食べても、問題はないという計算となる。

教員の声 :新着投稿