国内インターンシップ2018年度春季 ~実務を通じた進路選択へのアプローチ~

2018年度春季のインターンシップは、「旅行業実務」、「ホスピタリティ実務」、「広告・出版業実務」の3つのカテゴリーで、実施されました。東京都内の旅行会社、ブライダル会社、広告・出版関連企業などに実習をお引き受けいただき、様々な業種の職業体験を行うことができました。※

参加学生数は5名で、「旅行業実務」の1名はH.I.S.、「ホスピタリティ実務」の1名はブライダルプロデュース、「広告・出版業実務」の3名は、ライセンスアカデミーとブルズアイコミュニケーションズでそれぞれ実習をさせていただきました。

  • H.I.S.での実習風景①
    H.I.S.での実習風景①
  • H.I.S.での実習風景②
    H.I.S.での実習風景②

学生たちは事前に「企業文化研究A(旅行業)」、「企業文化研究C(広告・出版業実務)」、「ホスピタリティ概論」を受講し、各業務の基礎を学び、その後、面接による選考を経て、マナーセミナーで社会人としての基本を身につけました。最終段階のオリエンテーションでは、先輩たちの体験や教員のアドバイスを参考にして、できる限りの準備を整えました。

  • ブルズアイコミュニケーションズの担当者と
    ブルズアイコミュニケーションズの担当者と
  • ライセンスアカデミーでの実習風景
    ライセンスアカデミーでの実習風景

実習先によって時期と期間は異なりますが、2月上旬から3月下旬にかけての実習となりました。参加学生からは、知識を得て視野を広げることができ、社会人としての貴重な体験になったとの声が聞かれました。実習後半に担当教員が挨拶を兼ねて巡回訪問をした際には、仕事に大分慣れた様子が見受けられました。最終的には実習生皆、仕事の厳しさや人間関係の大切さを、身をもって知ることができました。

  • ブライダルプロデュースの担当者と
    ブライダルプロデュースの担当者と
  • ブライダルプロデュースにて
    ブライダルプロデュースにて

実習生の声

実習先担当者の評価

  1. ※ 「国内インターンシップ実習」は、観光文化学類の母体である国際文化学科コース共通専門科目として実施されました。観光文化学類での学びの参考にしてください。

アクティビティ! :新着投稿