看護学部在学生の皆様へ 春季休暇の過ごし方について

看護学部部長
豊田 淑恵

学生の皆様は春季休暇をいかがお過ごしでしょうか。
新型コロナウイルス感染症の拡大をうけ、本学においても卒業式・入学式や基礎看護学実習Ⅰが中止となりました。現在、校内への立ち入りが原則禁止となっています。このような状況下ですが、皆さんに春季休暇を有意義に過ごしていただくために、看護学部からいくつかの留意点についてお知らせします。大学生としての自覚をもって十分に準備したうえで新学期に臨んでください。皆さんが元気に登校されることを楽しみにしております。

学習について

すでに成績通知書がお手元に届いていると思います。1年間の学習の成果を確認し、新学期からスタートする科目に繋げられるように、しっかり復習をしてください。

1年生は、人体の構造と機能Ⅰ・Ⅱや疾病と治療Ⅰなどの専門基礎科目は今後の学習の基礎になる内容なので、十分に復習して理解を深めておきましょう。

2年生は、これまでの授業科目の復習とあわせて、3年前期演習科目の課題にもしっかり取組んで、万全な準備をして新学期に臨んでください。また、看護学部国家試験対策チームから模擬試験結果についてお知らせメールを確認しましたか?模擬試験について必ず振り返りしてください。

健康管理について

  1. 十分な睡眠と栄養をこころがけ、生活リズムを整えましょう。
  2. すでに学習したスタンダードプリコーションの知識を活用して、感染予防に努めてください。皆さん一人ひとりの節度ある行動が感染拡大の防止につながります。
  3. 日常生活の中で「換気の悪い密閉空間」、「多くの人が密集」、「近距離での会話や発声」の3つの条件が同時にそろう場所や場面を避ける行動をとるようにしましょう。
    例)カラオケボックス、ライブハウス、映画館・劇場、スポーツジム、屋形船、ビュッフェスタイルの会食、スキーのゲストハウス、密閉された仮設テント等
  4. 十分に体調管理に留意して、新学期を迎えられるようにしてください。

連絡

  1. ※ なお、不明な事項等については、各アドグル担当教員へ連絡し確認をしてください。

看護学科ニュース :新着投稿