1人間とは何かを知り
教養を看護の基盤とする

看護の対象は「人間」にほかなりません。看護学科では「人間とは何か」を知る手がかりとして教養教育にも力を入れています。「仏教学」をはじめ多彩な必修・選択科目を用意するほか、看護学部以外の各学類・学科の専任教員からも指導を受けることができます。看護関連の学びに限らず、幅広い知識が得られる環境です。

2看護分野に応じた実習室と
講義室で効果的に学ぶ

学内には看護学部実習館があり、母性・小児看護から成人看護、老年看護など、教育内容に合わせた特色ある環境で学ぶことができます。館内には講義室もあり、大型スクリーンを配置するなど、わかりやすく効果的な授業を展開しています。看護理論と実践技術を効果的に学ぶことにより、臨地実習に向けた自信につながります。

3多岐にわたる病院・施設で
臨地実習を展開

臨地実習は医療機関にとどまらず、介護老人福祉施設、訪問看護ステーションなど、さまざまな現場で行っています。医療機関は総合病院を中心に16施設、訪問看護は13施設に上り、看護学実習の各領域に合わせてふさわしい病院、施設で経験を積むことができます。臨地実習を通して「看護とは何か」をさらに主体的に考えていきます。

実習館での演習を繰り返しながら、さまざまな専門施設での臨地実習で学ぶ

看護学部には、看護が行われる場に合わせて演習可能な3つの実習室があります。1年次から看護の基本となる生活援助技術をベッドサイドで学びます。そして、講義や演習で学修したことは、病院・施設・在宅など看護の実践場面で体験し、知識や技術を応用して実践できるように学びます。臨地実習の場は、病院だけではありません。看護が行われる場所であればどこでも実践できるよう、さまざまな場所で学びます。これらの体験の積み重ねによって、看護職としての自分の基礎がつくられていきます。


  • ※ 感染対策のためマスクを着用しています。

実践力を高める学内演習施設

  • 実習室1
    実習室1
  • 実習室2
    実習室2
  • 実習室3
    実習室3
  • 情報処理室
    情報処理室

臨地実習の流れ

  • 臨地実習の流れ
  • 臨地実習の流れ
    画像タップで拡大表示
  1. ※ 2022年4月入学生より適用
  2. ※ 看護師国家試験受験資格取得に必要な実習です。
  3. ※ 保健師教育課程の学生(選抜制)は、上記に加えて「公衆衛生看護学実習」を行います。

さまざまな専門施設での実習

病院(24施設)

  • 麻生総合病院
  • 生田病院
  • 稲城市立病院
  • 永生病院
  • 神奈川県警友会 けいゆう病院
  • 川崎市立多摩病院
  • 神山復生病院
  • 小金井リハビリテーション病院
  • 国立駿河療養所
  • こころのホスピタル町田
  • 斎藤病院
  • 榊原記念病院
  • 相模原協同病院
  • 座間総合病院
  • 新百合ヶ丘総合病院
  • 聖マリアンナ医科大学病院
  • 立川病院
  • 鶴が丘ガーデンホスピタル
  • 東京警察病院
  • 東京女子医科大学病院
  • 済生会東神奈川リハビリテーション病院
  • 町田市民病院
  • 大和市立病院
  • NTT東日本 関東病院

助産院(1施設)

  • みやした助産院

訪問看護ステーション(17施設)

  • あい訪問看護ステーション
  • あい訪問看護ステーション平尾
  • あすか訪問看護ステーション鶴川
  • 稲城訪問看護ステーションほほえみ
  • 稲城わかば訪問看護ステーション
  • ヴィラージュ虹ヶ丘訪問看護ステーション
  • 江田訪問看護ステーション
  • がじゅまる訪問看護ステーション
  • きらら訪問看護ステーション
  • スターク訪問看護ステーション三鷹
  • スターク訪問看護ステーション目黒
  • たんぽぽ訪問看護国領
  • のぞみ訪問看護リハビリテーションチーム登戸
  • 訪問看護ステーション旭
  • 訪問看護ステーションゆらりん
  • 訪問看護リハビリステーションラフ
  • 南町田訪問看護ステーションペンギン

高齢者福祉施設など(7施設)

  • 介護老人保健施設 グリーンヒルズ相模原
  • 介護老人保健施設 三鷹ロイヤルの丘
  • 特別養護老人ホーム 生田広場
  • 特別養護老人ホーム いなぎ苑
  • 特別養護老人ホーム 多摩川の里
  • 特別養護老人ホーム 白楽荘
  • 特別養護老人ホーム ひまわりの郷

保育所・障害児施設(9か所)

  • 稲城市立第五保育園
  • 大丸ゆうし保育園
  • 川崎市立白山保育園
  • 川崎市立上麻生保育園
  • 中島ゆうし保育園
  • 本郷ゆうし保育園
  • もみの木保育園長峰
  • もみの木保育園若葉台
  • 重症児・者福祉医療施設ソレイユ川崎

就労継続支援事業所(1施設)

  • 就労継続支援(B型)事業所 ストライドクラブ

行政機関(3施設)

  • 稲城市保健センター
  • 稲城市役所
  • 日野市生活・保健センター

地域包括支援センター(5施設)

  • 稲城市地域包括支援センター エレガントもむら
  • 稲城市地域包括支援センター こうようだい
  • 稲城市地域包括支援センター ひらお
  • 稲城市地域包括支援センター やのくち
  • 日野市地域包括支援センター せせらぎ

学校(4施設)

  • 駒沢学園女子中学校・高等学校
  • 駒澤大学高等学校
  • 世田谷学園中学校・高等学校
  • 多摩大学附属聖ヶ丘中学高等学校

企業(2施設)

  • 藤沢タクシー株式会社
  • 富士通株式会社

教員からのメッセージ

ともに未来を創りましょう
interview:小林 小百合 先生

看護学部看護学科は、看護職の国家資格を持った教員を中心に構成されています。基礎、母性、小児、成人急性期、成人慢性期、老年、精神、在宅、公衆衛生の9つの「看護学領域」で、看護学の講義・演習・実習を行っています。教員は臨床での実践・教育・研究を通して、それぞれの領域の専門性を究める活動を行っています。いろいろなキャリアをもった教員がいますので、どうぞ積極的に話しかけてみてください。きっと看護学の最先端の取り組みや、臨床の「リアル」について、多様な視点からの語りが聞けると思います。そして、みなさんが本学の看護学部を卒業し看護師の国家資格を得たのちには、看護職の仲間として、みなさんの臨床での経験を私たち教員に大いに語ってください。看護は手順マニュアルで良い実践ができるというわけではありません。臨床で感じたことを共有し、課題を発見しながら、ともに新しい時代の、新しい看護を創造していきましょう。

  • 小林 小百合 先生
    小林 小百合 先生