文学・言語演習合同発表会を行いました

今年度の最後の授業では、4年生の文学・言語演習の3つのクラスが合同で発表会を開きました。まず、各ゼミの教員からゼミ生それぞれの研究内容について紹介があり、各クラスの代表者計3名が順番に研究発表を行いました。
発表内容は、『源氏物語』に用いられる形容詞を主題としたものや、ある現代小説の作品を独自の視点から読解するもの、『万葉集』の3人の歌人の作品のつながりを考えるものなど、バラエティに富んだ発表会となりました。質疑応答もなかなか興味深く、普段は発表を聞いていない別のクラスの学生から的確な質問が飛んだりもしました。

人間文化学類では、人文学部時代の「演習」の内容を継承しつつ発展させて「日本文化ゼミ」となります。各自の学びたいことをテーマとして深く研究を進めることは変わりません。次年度には新しいゼミの様子を紹介することができると思います。

授業担当:池田節子 松村良 三田誠司

トピックス :新着投稿