文学散歩に出かけました ―3年生の演習cクラス 正課学外活動―

6月3日、ゼミ生7名と鎌倉市へ出かけました。cクラスのゼミ生たちのテーマは、古典から現代文学まで様々です。普段の授業では、各自のテーマに沿って調査した内容を発表し、互いに批評しつつ考察を深めていくのですが、今日は教室を離れて、実地体験の授業です。4月から始まったばかりの3年生のゼミですから、親睦の意味も兼ねています。※

まず訪れたのは鶴岡八幡宮。万葉調の和歌を残した源実朝を偲びつつ、白幡神社の源頼朝の墓をお参りし、南北朝時代の悲劇を今に伝える鎌倉宮を経て竹林の美しい報国寺へ。バスで八幡宮前まで戻って小町通りで昼食です。

午後は、江の島電鉄に乗って鎌倉文学館を訪れました。ちょうど夏目漱石の手紙をテーマとした特別展が開催されていて、皆興味深く展示に見入っていました。鎌倉文学館は、その建物と庭も見事です。梅雨入り前の初夏の青空が広がる庭園でしばし歓談。

しっかりお勉強の後は、長谷寺へ。美しい花々でも有名なお寺です。紫陽花はまだ咲き始めでしたが、かなり数の観光客とともに紫陽花の小路を散策しました。その後、由比ヶ浜へ出て再び江ノ島電鉄で鎌倉駅へ戻り、本日の日程を終えました。

好天に恵まれ、充実した学外活動となりました。ゼミ生のモチベーションもアップ。次回からの発表が楽しみです。

文学・言語演習Ⅰ(cクラス)担当 三田誠司

  1. ※ 本内容は、人間文化学類 日本文化専攻の前身である日本文化学科のカリキュラムについて紹介しています。
    人間文化学類 日本文化専攻での学びの参考にしてください。

トピックス :新着投稿