保育園の現場で働く卒業生(2012年卒業・森のぞみ(旧姓:粟津原)先生

駒沢女子短期大学保育科を卒業し、保育士として働き始めて9年目となりました。

私は現在、町田市にある社会福祉法人つくし会田園保育園で主任として働いています。主任としての仕事はさまざまですが、保育の他にも保育士一人ひとりが実力を発揮し保育することができるような環境を整えるなど、忙しくも充実した日々を送っています。

保育をする中で、時には壁にぶつかることもあります。「失敗してしまった」と思ってもそれで終わるのではなく、問題を整理し解決策を考え行動に移すことを繰り返すことが大切だと感じます。これは何年経っても変わらずに大切にしていきたいことです。

私が保育士として子どもと関わり、また主任としての仕事をしてこられたのも、土台には駒沢女子短期大学での学びがあります。それは机上での学びはもちろん、実習や身体表現発表会等の実践で得た学びもあります。また、学校で出会った多くの仲間との関わりも、今に生きています。学生時代の学びが自信につながり、「あの時があるから、できる」と思えます。

これからも保育の基本は忘れず、自分が子どもとの関わりを楽しむ中で豊かな心や思いやりの気持ちを持ち続けていきたいと思います。

園からのコメント

粟津原先生が田園保育園に就職して9年目になりますが、現在では主任という立場で保育を俯瞰するとともに子どもや職員から信頼の厚い魅力ある先生です。粟津原先生を主任に任命したのも、幅広い年齢の職員をまとめることができる知性と統率力、一人ひとりの子どもや職員に寄り添い優しくも確かな保育スキルを持っていたからです。

粟津原先生の経験や知識の上に駒沢女子短期大学での学びの涵養や心豊かな体験が即戦力として活躍し、保護者からも信頼されています。

素晴らしい人材を輩出した駒沢女子短期大学には感謝申し上げます。

卒業生の今 :新着投稿