1キーワードは
「コミュニケーション」

多様化が進んだ現代社会において、人と人とがより良く共生するためには、総合的な人間力が重要です。人間文化学類では人間力の根底にある「コミュニケーション」をキーワードに、人間をめぐるさまざまな事象・文化を学んでいきます。4年間を通して人と人との心の絆をたいせつにする、魅力的な女性への成長を後押ししていきます。

2可能性広がる
3つの専攻

人間文化学類は、グローバルな時代の変化に対応し、現代の課題解決に貢献できる人材を育成します。そのためには実践的なコミュニケーション能力とともに、人間の創り上げた文化や社会についての深い理解が欠かせません。そこで学生一人ひとりの興味・関心に応じた実践的な科目群を3つの専攻に設置。総合的な人間力を育みます。

33専攻で
自分らしい学びを

2年進級時に自分の関心や将来の目標を踏まえて専攻を選択します。日本文化専攻は文学や歴史などを学び、日本語力を身につけます。人間関係専攻は身体文化や社会学の視点から人間関係を学びます。英語コミュニケーション専攻では英語力はもちろん行動力豊かな女性を育てます。専攻の特色に応じて自分らしく学ぶことができます。


  • 画像タップで拡大表示