【在学生・保証人の皆様へ】緊急事態宣言解除後の対応について

在学生・保証人の皆様へ

東京都においては、5月25日(月)に緊急事態宣言が解除となり、政府や東京都の公開しているガイドラインやロードマップでは、8月頃までモニタリング指標や専門家会議等の意見を踏まえ、段階的に緩和または再要請を実施していくとされています。
このような状況では、前期中に約2500名の学生の皆さんをキャンパスに集めることは、感染リスクを高めることとなり、学生の皆さんの安全、安心、「いのち」を守ることが困難と考えます。
本学は、一貫して何よりも皆さんの「いのち」を守ることを最大の責務と考え、その観点から慎重に検討した上で、すべての対応・措置を決定してまいりました。同様に、引き続き新型コロナウイルス感染症の拡大を警戒する必要性が高いと判断し、以下のとおりこれまでの対応を継続することといたします。
なお、5月11日付で学長メッセージが発出されておりますので、そちらもご参照ください。

1.キャンパスの入構について

引き続き当面の間、校内への立ち入りを禁止します。

2.前期授業実施について

令和2年度前期授業については、引き続き原則すべての授業を遠隔(オンライン)のみで実施します。

3.課外活動について

引き続き当面の間休止とします。

4.窓口対応業務について

窓口対応業務は休止とします。担当部署へのお問合わせ、ご相談等の連絡先はこちらをご参照ください。

5.図書館の利用について

引き続き当面の間、休館とします。図書のオンラインサービス利用等については、KOMAJOポータルをご参照ください。

KOMAJOポータルへ

KOMAJOポータルへ

ご自身の健康状態を引き続きチェックしましょう

毎日、自宅等で体温測定・体調チェックを行いましょう。
「自己健康チェック表(行動記録付)」をKOMAJOポータルよりダウンロードして利用してください。ご自身の健康状態を継続的にチェックして自己管理をお願いします。感染が疑われる場合は、こちらのチェック表が受診時や相談時等の参考となります。必要に応じて、ご提出いただく場合もあります。
また、「密閉・密集・密接」の3密を避けることや、手洗い・咳エチケットなど「新しい生活様式」の実践を心がけてください。

駒沢女子大学
駒沢女子短期大学
学長 安藤嘉則

大学:新着投稿一覧へ