なでしこジャパン岩清水梓選手の表敬訪問を受けました。

カナダで開かれたサッカー女子ワールドカップ(W杯)での準優勝報告のため、日本代表・なでしこジャパンのメンバーで日テレ・ベレーザに所属している岩清水梓選手が、平成27年7月15日(水)、本学に表敬訪問されました。本学と日テレ・ベレーザとが、平成22年3月より「パートナーシップ提携協定」及び「ユニホームスポンサー契約」を締結している関係での訪問です。
葛城天快理事長、光田督良大学・短期大学学長との会談では、なでしこジャパンの現地でのようすや決勝戦後の思いなどを語っていただき、穏やかで気さくな人柄の中に情熱が秘められた岩清水選手の熱い思いが伝わるひとときとなりました。

  • 写真

W杯は終了しましたが、国内でのリーグ戦は既に再始動しており、各チームとも白熱した戦いを見せています。岩清水選手の所属する日テレ・ベレーザは現在単独首位(2015年7月15日現在)と、好調をキープしています。葛城理事長・光田学長ともに、日テレ・ベレーザのリーグ戦優勝に向けたエールを送り、さらに、今後の青少年への女子サッカー普及に向けて引き続き尽力していくことをお約束しました。
会談終了後には、駒沢学園女子中学・高等学校のサッカー部員たちが集まり、岩清水選手へ「ワールドカップ準優勝おめでとうございます! 最後まで希望を捨てず全力を尽くす姿を見習って、私たちもがんばります」とメッセージを送り、記念撮影を行いました。最初は緊張が隠せなかったサッカー部員たちでしたが、岩清水選手の飾らない人柄のおかげか徐々に打ち解け、最後は一人ひとりが握手を求めました。それに岩清水選手も快く応じてくださいました。

  • 写真
  • 写真

駒沢女子大学と日テレ・ベレーザの取り組み:新着投稿一覧へ