平成30年度 在学スカラシップ生認定証授与式が行われました。

2018年9月27日(木)12時30分より、学園本館4階会議室において平成30年度「在学スカラシップ生」認定証授与式が行われました。
スカラシップ制度は、2年次生以上の学生が対象で、前年度の学業成績において優秀な成績を修めた者に対し学費サポートを行い、将来社会に貢献できる人材を育成することを目的にしています。

2018年度は73名(大学生67名、短大生6名)の学生が認定され、臨席された先生方の拍手の中、光田学長より代表者へ認定証が授与されました。
式終了後には、代表者以外のスカラシップ生へ、学科主任、科長の先生方から、一人ひとり認定証が手渡されました。

学長講話(要旨)

「今年度もたくさんの在学スカラシップ生が選ばれてうれしく思います。在学スカラシップ生は、前年度1年間の成績を元に選考を行いますので、今日ここにいる皆さん一人ひとりが過去1年間一生懸命勉学に励んだ成果がここに表れたということになります。認定する人数には限りがありますので、形式基準をクリアしていても定員の関係で認定されなかった学生もいます。在学スカラシップ生に選ばれたいという多くの他の学生たちの思いを身に受け、今後もより一層、勉学や人間形成に励み、努力を怠らないようにしてください。」

  • 集まった平成30年度在学スカラシップ生
    集まった平成30年度在学スカラシップ生
  • 各学科の先生から認定証が手渡されました
    各学科の先生から認定証が手渡されました

大学:新着投稿一覧へ