髙玉 和子

髙玉 和子

教授

子ども家庭福祉/社会福祉/子育て支援/保育相談支援/ライフデザイン/保育実習指導Ⅲ/保育実習Ⅲ

学位及び業績

専門分野

活動・経歴

明治学院大学大学院社会学研究科社会福祉専攻博士課程前期課程修了。文教大学短期大学部への勤務を経て、駒沢女子短期大学に勤務し現在に至っています。
子どもの社会性の育成、基本的生活習慣や生活技術、子ども虐待と人権などについて研究し、それらに関する本や論文を書いています。
保育所等の研究保育に関する研修講師や子育て家庭に対する講座の講師などを行ってきました。
自治体からの依頼により、子ども関係や地域福祉関係の委員も歴任しています。今年度より日本保育学会の関東地方区の評議員に着任しています。

メッセージ

子どもは家庭の中で育ちます。その子どもの言動は、親をはじめとして、家庭や周囲の環境、人間関係に影響を受けています。そのため、子どもの育つ環境は本当に大事であると考えています。保育者になるためには、保育所や幼稚園、児童福祉施設等で実習します。保育や社会的養護、あるいは療育の場で、その意味を実感することになると思います。現実を冷静に見つめながら、保育者になる夢を実現するために、子どもに対する思いを大切に育ててください。

  • 2019年度の子育て講座の会場の写真です。ハロウィーンの時期でした。
    2019年度の子育て講座の会場の写真です。
    ハロウィーンの時期でした。

教員紹介