内定者座談会

内定者4名(平成28年度4年生)による座談会を開催いたしました。納得の就職活動を終えた皆さんから貴重な話を聞くことができました。

  • 国際文化学科KYさん (株)スリーボンド内定 人間関係学科TYさん (株)キョクレイ内定 国際文化学科TRさん(株)星野リゾート内定 心理学科KNさん 旭化成ホームズ(株)内定
  • 国際文化学科KYさん (株)スリーボンド内定 人間関係学科TYさん (株)キョクレイ内定 国際文化学科TRさん(株)星野リゾート内定 心理学科KNさん 旭化成ホームズ(株)内定
    大きい画像を表示

Q.就職活動を経て学んだこと、成長したと感じた点をおしえてください。

KYさん
一般論ではなく、「自分の意見」を相手に伝えることです。社会に出ると、どんな会社でどんな職種でも、学生とは違ったコミュニケーション能力が必要だということを学びました。
TRさん
ひとつに絞らず、視野を広げ、「これ、楽しそう!」と思ってみることです。焦らず、自分のペースでやることが大切だと思います。
TYさん
どんなに小さな会社でも世の中の役に立っていること、どこかで人を喜ばせていることを知りました。また、ビジネスメールや電話のマナーなど、社会人になる前に覚えておくべきことも学べました。
KNさん
自分を知ることができたという点だと思います。挑戦する意欲や自分の弱い点を発見できたことで、自分の成長に繋がったと思います。

Q. 就職活動はどのように進めましたか?

TYさん
3年生の時には、履歴書をとにかく見やすくキレイに書けるよう練習をしました。4年生になってからはSPIの中でも特に苦手な数学を中心に取り組みました。早めに進路総合センターに通い始めることをお勧めします。
KNさん
履歴書添削や面接練習の学内セミナーに参加しながら、進路総合センターに通い「自分の強み」と「学生時代頑張ったこと」を詰めていきました。情報解禁する前から、インターンシップやセミナーを行っている企業もあったので、あまり業界を絞らず気になったところは行ってみました。
KYさん
大学3年生の時の学内外の就活セミナーなどに参加し、就活がどのようなものなのかを知りました。最初に合同説明会に参加した際には、他の就活生がどのような感じかうかがっていましたが、本格的に就活が始まる前に履歴書を完成させておいたので焦らずに済みました。

Q. 求人探しや採用試験の対策はどのようにしましたか?

TYさん
就活サイトを参考に探したり、進路総合センターの方やゼミの先生に相談したりもしました。面接練習は何度も進路総合センターに通い、筆記試験対策は大学の学修支援センターに通いました。
TRさん
就職サイトは、マイナビ、リクナビを利用しました。希望する業界に必要な知識やスキルは、その業界に詳しい人に相談、指導してもらいました。
KYさん
最初は合同説明会に参加しようと、みんなが利用しているような就活ナビサイトなどで探しました。もちろん学内の求人もチェックしました。そして、その企業のことを研究し、その企業で働きたいという熱意を持って挑みました。企業と自分の共通点を見つけることが大切だと感じます。
KNさん
学内の筆記試験対策講座に参加し、解禁前に実際に出題される形を知ることができたのは大きかったです。解禁してからは、エントリーしてテストを受けていくなかで、だんだんと問題に慣れていきました。

Q. 内定を得られたポイントは何だと思いますか?

TRさん
自分をよく見せようとしないことです。素直に話すことがよかったと思います。
KNさん
自己分析をしっかりすること、緊張しすぎず楽しく面接を受けることかなと思います。私は「自己分析って何からすれば?」という感じだったので、学内の履歴書で作った「自己PR」と「学生時代頑張ったこと」から、なぜ、なぜと突き詰めていきました。ただ面接の時、最初はガチガチで準備したことを思い出せない場面もありました。数をこなして面接に早く慣れ、面接を楽しむと考えたほうが、素の自分をみてもらえると感じます。
TYさん
着飾らずにありのままの自分でいたことだと思います。面接では答えづらい質問もされました。でも、面接官は学生に意地悪をしている訳ではなく、その質問には必ず何か理由があり、自分を知ろうとしてくれているのだという考え方に変えたことで、自然と身構えることなくありのままの自分を見せることができました。

Q. 後輩へのメッセージ・アドバイスをお願いします。

KYさん
周りの友達が内定をもらい就活を終えていったり、面接で良い結果がもらえなかったりと、どん底に落ちたような気分になることも多々あると思いますが、他人は他人、自分は自分なので、焦らずに頑張ってください。内定を早くもらえたからといって、妥協して決めず、納得するまで就活を続けたほうがいいと思います。
TRさん
私は長年の夢がありましたが、大学での教養知という授業をきっかけに考えが変わりました。学生生活では、1つに決めないで色々なことに挑戦して視野を広げたらいいと思います。
TYさん
就活が始まるとただただ焦ります。説明会で会う人たちと張り合うのではなく、将来一緒に働く同期かもしれないと思ってください。周りの友達とはお互いに刺激しあい、時には助け合ってください。自分に合う会社は必ずあるので、納得のいく就職活動ができるよう頑張ってください。
KNさん
就活を楽しむことが大切だと思います。「もう嫌だ」と思うこともありましたが、説明会や面接の時に、他の就活生と話してみることで情報交換にもなりましたし、緊張が取れたりして、その後の面接も楽しく行うことができました。今までの自分では無理と思うことにも挑戦してみて、自分が楽しめる就活方法を見つけてください。そうすればきっと自分が納得できる就職先に巡り会えると思います。