科目内容の一部をご紹介します

保育・教職実践演習

保育・教職実践演習

付属幼稚園の子どもたちを招いての造形表現活動や、保育現場での行事を企画する活動を通して、遊び力を中心とした現場での実践力を身につけます。また、保育のプロフェッショナルを招いての講演会も行います。

保育現場で生きる確かな実践力を身につけましょう

本科目は、よりよい保育者のための知識やスキルの獲得を目的としています。主体的な学びの中でそれぞれの自己課題を見つけるとともに、保育実践力を高めるためのロールプレイや野外活動などを通じ、2年間の学びの集大成を築きましょう。

造形Ⅰ

造形Ⅰ

この授業では、まず、絵の上手い下手を忘れ思い切り表現し、つくる楽しさを体験していきます。そして、保育現場で使用されている基本的な画材や道具の使い方を学びます。子どもたちと表現する楽しさを共感し、適切に援助できる保育者を目標としています。

保育内容「音楽表現」

保育内容「音楽表現」

この授業では、さまざまな音やリズムなどによる遊びから、子どもたちに寄りそいながらともに音、音楽を楽しむ保育の援助方法を学んでいきます。また、初めて経験するアンサンブルの指揮法、指導法も学び、表現の幅を広げるスキルも身につけます。

幼児体育

幼児体育

子どもたちにとって遊びとは価値のあるものです。子どもたちの遊びを実践するとともに、安全な遊び方や運動の仕方、補助の仕方などを学習します。

教育方法

教育方法

この授業では、子ども一人ひとりの発達・成長に応じた保育方法について考えます。また、実際の教育実践を参考にしながら、指導計画(案)の作成方法についても学びます。

保育の心理学

保育の心理学

こどもは何を考え、何を感じているのでしょう。本授業は、発達についての知識を身につけながら、こどもの行動の理解を深めていきます。そして、一人ひとりのこどもにふさわしい発達援助の方法を学んでいきます。

基礎講座

基礎講座

この授業では、社会人としての常識、大学生としての学習の方法などについて学習します。さらに、自然体験・農園体験を通じて個々の感性を磨き、自然に対する理解を深め、そして、協同活動の意義を再認識し、将来保育者としての資質を養います。

学内イベント

ダンボール制作展

ダンボール制作展

毎年一つのテーマを決めて、グループワークで話し合い、大きなダンボール板を使用し、子どもたちが思い切り楽しめる遊び場をつくります。 完成した遊び場に子どもたちを招き、実践を通して学びを深めます。

身体表現発表会

身体表現発表会

身体表現発表会には、付属こまざわ幼稚園や近隣園の子どもたちを招待します。学生一人一人が子どもたちのために考えぬき、企画、脚本、音楽、ダンス、衣装、大道具など、クラス全員で協力しながら、学生主体の総合的な表現発表会を行います。

保育現場で働く本学卒業生による講演会

保育現場で働く本学卒業生による講演会

幼稚園、保育所、社会福祉施設などで活躍している保育科卒業の先輩方を招き、講演会を行っています。保育現場で働くよろこび、保育者に必要な心得、現場で直面している課題などの貴重なお話をうががい、学生として何を学んでいくべきかを考えます。

フォローアップセミナー

フォローアップセミナー

本学を卒業した現役の保育者を対象としたセミナーを開催しています。保育科教員をはじめ保育現場で活躍している先生方が講師となり、最新の保育知識と技術を学びます。