科目内容の一部をご紹介します

仏教学Ⅰ

駒沢女子大学の建学の精神である「正念」と「行学一如」について学び、この基礎となる仏教の開祖釈尊と道元禅師のそれぞれの教えを学びます。また、坐禅実習を行い、日常の礼儀作法を身につけると共に、自分自身を見つめることを学びます。駒沢女子大学での学びの原点としてこれらの教えを活かすことを目指します。

生活援助技術

対象者の個別性や健康状態に応じた日常生活援助を実施できるよう、「なぜ?」「どうして?」の視点を大切に基本的な生活行動援助の方法を学び、科学的根拠に基づいた的確な幅の広い技術(例えば、観察と測定、快適な環境、休息と睡眠、移動と移送、身体の清潔、食事と栄養、排泄の援助など)の習得を目指します。

診療・治療援助技術

検査・処置・治療を受ける対象者のニーズを理解するとともに、これらが安全・安楽かつ正確に実施されるための基礎的な知識と技術を身につけます。また、検査・処置・治療に臨む対象者の気持ちに近づき、苦痛や不安を最小にするための看護師の役割を学習します。