疾病と治療Ⅰ

疾病と治療Ⅰ

看護学実践の基礎となる臨床医学全般について、内科学を中心に病態生理を理解します。疾病のメカニズム・主要症状と病態・診断・治療・合併症・予後について学修します。

生命倫理と法

生命倫理と法

医療現場における倫理的問題の実際を知り、倫理的問題に真摯に向き合う態度を養うことを狙いとしています。事例を通じて生命倫理の問題を考察し、生命の尊厳と生きる意味について学びます。

成人看護学Ⅱ

成人看護学Ⅱ

生命危機状態にある人や手術を受ける人の看護を学修します。生命危機状態を脱し順調な回復のために必要な看護の知識を講義で学び、実際の看護援助技術を演習で学んでいきます。

母性看護学Ⅰ

母性看護学Ⅰ

生涯を通した女性の健康に関する内容を講義する科目です。リプロダクティブ・ヘルス/ライツの観点から女性の健康をとらえ、思春期・成熟期・更年期・老年期それぞれの健康の保持・増進や、母性看護の歴史、かかわる組織や法律などについて学びます。

看護援助論

看護援助論

「生活援助技術」ではマニュアル的な方法論ではなく、「看護援助論」で学習した知識やエビデンスを生かし、分析力・判断力に基づいた援助の方法を学びます。また、対象者の日常生活の質を高めるための実践的思考力を養います。

精神看護学Ⅰ

精神看護学Ⅰ

初めて精神看護学に触れる科目です。各種理論を学びながら、身体・心理・社会的側面から人をとらえ、各ライフステージにおける心の健康を考えます。また、精神疾患を抱える人の体験談を聞き、歴史や制度を学ぶことで、精神疾患を取り巻く状況を理解します。