デザインの基礎科目

デザインの基礎科目

ものを平面と立体で捉える「平面と立体表現の基礎」、図面の作法と描き方を学ぶ「製図の基礎」、空間を正確に描写する「図学と透視画の基礎」。3つの科目を通して、空間デザインの基礎をわかりやすく学修します。

住空間デザインの入門科目

住空間デザインの入門科目

「建築・インテリアデザイン入門」は空間デザインの基本手法とプロセスを学修します。「プロダクトデザイン入門」は陶器・家具・織物デザインの基礎と考え方を学びます。2つの入門科目を通して、自分に合った分野を発見します。

CADⅠ・Ⅱ・Ⅲ

CADⅠ・Ⅱ・Ⅲ

建築やインテリア、プロダクトデザインなどの分野で一般的なパソコンによる作図(CAD:キャド)技術の基礎を学ぶ授業です。基本的なソフトの操作からスタートし、3Dによる簡単なモデリングまでを実習形式で学びます。

設計製図Ⅰ・Ⅱ

設計製図Ⅰ・Ⅱ

インテリアから建築までをトータルに考え、空間を計画・設計します。建物と周辺環境との関係に配慮し、図面や模型で空間を正しく表現し伝えることで、どちらのコースに進むうえでも重要な基礎を学びます。

 建築構造 Ⅰ・Ⅱ

建築構造 Ⅰ・Ⅱ

いつの時代も「合理性」と「美しさ」が建築には求められてきました。私たちが感動を覚える空間も、当時の構造技術を駆使した構造体によって支えられています。構造体の概念や構成としくみを学び、建築の合理性や美しさに触れる科目です。

フィールドワーク

フィールドワーク

建築や街並み・伝統的文化などを実際にその地域を訪れて調査・体験する研修旅行です。現地を訪れ五感を通して「建築」や「まち」を感じ豊かな空間体験を積むことを目的とし、それをより充実したものにするための事前学習も行います。