産学連携セミナー アラスカシーフード・レシピコンテスト

健康栄養学科では、平成26年10月9日(木)と11月6日(木)に「産学連携セミナー アラスカシーフード・レシピコンテスト」を行いました。これは、京王食品株式会社(東京都多摩市)とアラスカシーフードマーケティング協会(米国アラスカ州)との連携の下、本学科1~4年生の学生有志が商品開発を目指す取り組みです。

このセミナーでは、アラスカシーフードのレッドサーモン缶詰と、京王食品(株)の6種類のパンを用いて、京王食品(株)のベーカリーショップである「Le repas(ルパ)」にて実際に販売する商品の開発を目指します。参加学生は自由な発想で新商品のレシピを考案し、レシピコンテストで「京王食品賞」を受賞した作品が商品化されるという企画です。

この取り組みは、素材の特徴を学びこれを生かしたメニューを開発する力や、消費者のニーズを考える力、コスト管理能力などを養い、実践力、応用力、独創性などを伸ばすことを目的としています。

セミナーは以下のようなスケジュールで実施されました。各回のセミナーの様子は、それぞれをクリックしてご覧ください。

平成26年10月9日

レシピコンテストのための基礎知識の習得
(49名25チームが参加)

平成26年10月22~24日 参加学生による試作
オリジナルレシピ完成のための試作
平成26年10月28日 参加学生によるオリジナルレシピの提出
24チームからそれぞれ1通ずつのレシピの提出
平成26年10月31日 一次審査
書類審査の結果、24通のレシピのうち6通が一次審査を通過
平成26年11月6日

一次審査を通過した6チームによる実際の調理とプレゼンテーションの後、審査員の試食による採点と各賞の発表

健康栄養学科ニュース・プロジェクト :新着投稿