時代が求めるヘルスケアのエキスパートへ

人間健康学部では、人々が心身ともに健康で生き生きと暮らすことができる社会の実現に向けて貢献できる人材を養成します。

近年の日本における平均寿命の伸長や健康志向の高まりから、人々が心身ともに自立して生き生きと暮らすことができる健康寿命を延ばすことに関心が寄せられています。人間健康学部では、人体の構造と機能を正しく理解したうえで、心理、栄養、運動、生活習慣、社会環境などの幅広い視点から健康生活の実現に寄与できる人材を養成しています。学生のみなさんには、質の高い健康生活の実現や生涯にわたる健康の保持・増進への援助ができるよう、しっかりと学んでいただくことを期待しています。本学部では、初年次導入教育の「基礎ゼミ」にはじまり、2年次以降も全学年で担任制を設けることにより、学生生活の万全なサポート体制を整えています。また多くの授業では、グループワークやプレゼンテーション、問題解決型授業を取り入れたアクティブ・ラーニングを実践し、卒業後も自ら考え、学び続ける力を養っています。インターンシップとして機能する学外実習も充実しており、大学と社会との円滑な接続にも対応しています。この恵まれた環境の下で積極的かつ自主的な学びを展開し、卒業時には主体性と協調性とを兼ね備えた自立した社会人となるよう努めてください。

  • 駒沢女子大学 人間健康学部 学部長 
西山 一朗
    駒沢女子大学 人間健康学部
    学部長 西山 一朗

学科構成

人間健康学部には、「健康栄養学科」1学科が設置されています

健康栄養学科
心身両面にわたる健康生活をサポートできる管理栄養士を養成します

今日では、過剰な栄養摂取や運動不足、栄養の偏り、あるいは過度の痩身願望など、栄養や健康に関する多くの問題が認められます。また、がん、心臓疾患や糖尿病などの生活習慣病やメタボリックシンドロームなどの増加も、大きな社会問題となっています。このような社会情勢から、高度かつ多様な栄養指導や栄養管理ができる人材の養成が求められています。
健康栄養学科では、栄養指導者に求められる複雑かつ多様な業務を遂行するための、高度な専門知識と確かな技術を兼ね備えた管理栄養士の養成を目指します。

健康栄養学科

カリキュラム

本学部のカリキュラムは、教養教育科目と専門教育科目より構成されています

本学部のカリキュラムは、教養教育科目と専門教育科目とに大別されます。1年次は教養教育科目を、また2年次以降は専門教育科目を中心として学びます。
教養教育科目は、幅広い知識と豊かな人間性・道徳性を養う科目群です。一方、専門教育科目は、質の高い健康生活を実現するために必要とされる専門知識や技術を養うための科目群です。これらの学びを通じて、人々の健康生活をサポートできる人間性に優れた人材の養成を目指します。

実践的な学び

本学部の学びは実践的で資格取得に直結します

多くの授業科目は、講義で学んだ知識や理論を実験・実習科目で確認し、発展させられるように構成されています。また、学外で行う実習科目では、大学内で学んだ知識や技術を現場で確認するとともに発展させ、実践力や応用力を身につけることができます。
これらの実践的な学びは各種の資格取得にも直結し、また自分自身の進路をしっかりと定めるためにも役立ちます。
本学部に設置されている健康栄養学科では、必修科目の単位をすべて取得し卒業すると栄養士の免許が得られ、また管理栄養士受験資格も取得できます。食品衛生管理者および食品衛生監視員や社会福祉主事の任用資格も得られます。