平成30年度設置予定 ※本内容は予定であり、変更する場合があります。

地域の人々の健康支援に貢献できる人材を養成していきます

少子・高齢化の進む現社会で、看護職への期待は、病院だけでなく在宅での看護や、企業や学校など地域社会で生活する人々の健康 回復・維持・促進を支援することにも注がれています。
本学部では1、2年次で自らの心身の健康維持の基盤作りとしての教養教育科目と、医学の基礎である専門基礎科目を学びます。3、4年次では既習した知識を基に看護学(基礎・母性・小児・成人・老年・精神・在宅)を学び、学内で技術演習をし、臨床(病院等)の場で直接、看護や健康支援を実習します。
看護は人の命に直接かかわるものです。だからこそ4年間は日々の学習と臨地実習など決して楽ではありません。でも大丈夫。看護師・助産師・保健師としての実践力と看護教育のキャリアを積んだ教員たちがときに優しく、ときに厳しくサポートし、安心して信頼いただける的確な知識と技術、そして思いやりをもった看護職を育成します。
みなさんは看護学部一期生として主体性をもち、自立・成熟した社会人として成長し、国家試験に全員合格できるよう不断の努力を惜しまず過ごしてください。

看護学科

  • 駒沢女子大学 看護学部 学部長(平成30 年4月就任予定) 豊田 淑恵
    駒沢女子大学 看護学部
    学部長(平成30年4月就任予定)
    豊田 淑恵

看護学部新設について

現在、医療の現場では、医師、看護師をはじめ医療に携わるさまざまな職種の人々と協働して患者のケアにあたるチーム医療が推進されています。その中にあって看護師は患者とその家族、医療者とのあいだで円滑なコミュニケーションを図り、協力的な医療体制をつくり上げていくチーム医療の中心的な役割を期待されています。看護師には高度な医療知識だけでなく、高い教養や優れた人間性が今後ますます求められていくと言えます。
こうした医療界でのニーズに対して、本大学には看護の強みとなる関連学類や学科が数多く設置されています。高い医療の専門知識に限らず、幅広い学びを吸収しながら教養豊かな看護師として成長できる環境が整っていたため、看護学部の設立にいたりました。
他の学類や学科との積極的な連携により、教養を育み、人の心を学び、健康維持・増進に欠かせない栄養知識や、保育関連の知識を学び、近年急速に進む医療現場でのグローバル化に対応できる語学分野での研鑽を積むこともできます。

教育の特色

駒沢女子大学では、看護分野と関連のある心理学類、人間健康学部、住空間デザイン学類などが置かれており、看護学部ではこうした既設の領域において培ってきた教育研究実績を基盤として、幅広い教養と豊かな人間性の涵養を教養教育に生かし、看護学の諸領域でその専門知識と技術を授業・実習を通して習得していくことを目的としています。
高度医療を受ける患者・家族への心理的な支援や医療者間の関係調整的役割を果たす能力、医療安全や感染予防などへの食生活や住環境支援など、多様な保健医療への社会の要望に応えられる幅広い知識と技術を備え、看護専門職として社会に貢献できる人材を育成することを教育の特色としています。
さらに、今後より一層の需要が見込まれる訪問看護の分野で活躍できるよう、在学中からそのための基礎的な素養を身につけることも本学部の教育の特色です。


  • 画像を拡大して表示