臨床心理学の窓臨床心理学の窓トップへ

臨床心理学の窓では、臨床心理学専攻のNewsを紹介しています。

「こころ」に関する精深な専門知識を身につけ、真に豊かな人間生活をいつくしむことのできる、心理のプロフェッショナルを育てます。

現代の日本では、現実の社会にうまく対応できずに悩む人々、自分の存在理由を自分自身で見出せずに苦しむ人々、実際に心の病に陥る人々が増加しているといわれています。現代生活には人との関わりにおいて多くのストレスが存在し、深刻な心理的問題が報告されています。このような状況に対処するには、経済的・社会的生活諸条件の整備が必要であることはいうまでもありません。しかし、それ以上に重要なことは、一人ひとりの人間のすさんだ心のケアという地道な努力であり、そのような仕事に携わる心の専門家の養成です。

本専攻はそのような要請にこたえるために、2003年4月、人文科学研究科に設置されました。臨床心理学に関する学問的探究はもとより、基礎実習や査定演習のほか、人格心理学、異常心理学、認知心理学、精神医学、家族心理学など、あらゆる分野の科目を学び、高度な専門知識を習得します。
授業形態は講義中心よりも、「演習」と「実習」を重視し、臨床心理学への精深な学識を持つとともに、広い視野に立って人々の心のケアに携わる心理臨床を目指す専門家を育てます。心理学専攻の学生や社会人はいうまでもなく、心理学以外の専門分野を履修した学生や社会人にも入学の門戸が開かれています。
駒沢学園心理相談センターでの研修(院生のインテイクケースへの陪席と相談ケースの担当および土曜日の受付業務や心理相談センター主催セミナーへの参加協力など)と学外の教育機関(中学校など)における実習および、医療・福祉機関(病院など)での実習も行います。
臨床心理士の資格取得後には、スクールカウンセラーや児童相談所・病院や施設などでの心理臨床の専門職を目指すことができます。

また本大学院は、研修相談員という制度を設けています。希望者は、修了後、研修相談員として、心理相談センターでのケース担当や、カンファレンスの参加を通じた研修を受けることができます。また、研修相談員として登録すると、図書館や学内のパソコンが利用できます。この他、研修相談員は、自発的に臨床心理士試験受験のための勉強会などを行っています。

※本大学院臨床心理学専攻修士課程は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会より、臨床心理士養成の第1種指定校の認定を受けております。

「大学院人文科学研究科 仏教文化専攻/臨床心理学専攻」2017年度版のパンフレットはこちら

  • 「大学院人文科学研究科 仏教文化専攻/臨床心理学専攻」2017年度版のパンフレットはこちら(PDF)
    PDFを表示