仏教文化の窓仏教文化の窓トップへ

仏教文化の窓では、仏教文化専攻のNewsを紹介しています。

日本文化の個性と普遍性を仏教に探り、人と人、人と自然との共生思想をはぐくむ。

インドに発した仏教は、その普遍的な真理を提示しつつもアジア各地の文化と融合しながら、さまざまな変容をとげてきました。それは仏教がそれぞれの文化の個性に調和し、人々の生活に根付いていく過程であったといえます。
とりわけ日本の伝統文化と仏教の縁は深く、日本文化の個性は仏教との出会いによって彩られ、仏教によって活路を見出してきたといってもいいでしょう。日本の文化と社会を正確に理解するためには、仏教文化とその役割を深く洞察することは非常に重要です。専門的研究者にかぎりません。現代において多様な異文化との接触は、誰しも日常的な出来事です。仏教文化の豊かな諸相を貫く普遍性、あるいは日本文化の個性に秘められた確かな普遍性への自覚はきわめて大切なものになっています。それは他者との共感をはぐくみ、自らの人生をしなやかにし、それぞれの社会的活動に魅力的な成果を用意することでもあるのです。

本専攻は、仏教学・禅学・宗教人類学・哲学・歴史学・文学など、先人によって切り開かれてきた地平を具体的に学びながら、知的好奇心にしたがって新たな領域に挑戦していきます。さらに演習・講読を通して、禅籍を含む仏典、古典文学、古記録・古文書などの文献を精密に読み解き、原典との対話を楽しみながら、全体像をつかみ、その中から自分のテーマを論証する技術を習得していきます。

「大学院人文科学研究科 仏教文化専攻/臨床心理学専攻」2017年度版のパンフレットはこちら

  • 「大学院人文科学研究科 仏教文化専攻/臨床心理学専攻」2017年度版のパンフレットはこちら(PDF)
    PDFを表示