平成30年度より人文学部は人間総合学群として新たにスタートします

駒沢女子大学人文学部は、平成5年に日本文化と国際文化の2学科体制で設置されました。それから四半世紀を経て、平成30年度から人文学部は人間総合学群として新たにスタートします。本学群は人間文化、観光文化、心理、住空間デザインの4学類で構成され、いずれの学類も学びの対象は「ひと」で、人間に関する研究を多角的にアプローチします。人間総合学群は、主体的に学ぶ力の育成を通じて、社会人基礎力として必要な幅広い教養と実践力の涵養を教育目標に掲げています。

  • 駒沢女子大学 人間総合学群 学群長 羽鳥 修
    駒沢女子大学 人間総合学群
    学群長 羽鳥 修

1年次にはすべての学生が学群共通の教養教育を通じて基礎的な教養力を身につけるとともに、各学類の専門的入門科目も学修します。こうした学修体験をもとに2年進級時に学類選択の確認をした後、各学類での専門教育へと進みます。1年次に興味関心が異なる多様な学生がときに同じ教室で、ときに席を隣にして学ぶ環境は、学生相互が交流する場としてはもちろん、知的刺激を授受する貴重な場となり、2年次以降における学類での学びにも役立つことになるでしょう。

  • 人間総合学群構成図
    人間総合学群構成図
    画像を拡大して表示

学群の構成

人間総合学群には、人間文化・観光文化・心理・住空間デザイン、以上4つの学類を置いています。1年次の教養教育科目を修得したあとの学びとなる学類の専門教育課程には、各学類の教育上の目的や学問領域を考慮したうえで、実用性、実践性の高い科目を配置し、それらの学修を通して、現代社会で生きていくための判断力と実践力を備えた人間性豊かな人材を育成していきます。

人間文化学類
日本文化専攻
人間関係専攻
英語コミュニケーション専攻

人間文化学類は、文化や社会に対する理解と、実践的コミュニケーション能力を身につけることで、グローバルな時代の変化に対応できる、発信力にすぐれた人材を育成します。

人間文化学類の学類ページはこちら

観光文化学類

観光文化学類は、観光の専門的知識や技能と、世界の歴史、地理、文化、言語等の国際教養を身につけることで、観光にかかわる業界で即戦力として活躍できる人材を育成します。

観光文化学類の学類ページはこちら

心理学類

心理学類は、心や行動の発達の仕組み、現代社会が抱えるさまざまな問題への洞察力を身につけることで、心理的な諸問題を抱える人たちの身近な存在となり得る人材を育成します。

心理学類の学類ページはこちら

住空間デザイン学類

住空間デザイン学類は、建築やインテリア、家具や陶器などのものづくりを、文化事象を含めた幅広い視点から学ぶことで、心地良い暮らしの環境を提案できる人材を育成します。

住空間デザイン学類の学類ページはこちら

学類選択のチャンスは2回

人間総合学群は、学類単位、および学群単位で入学試験を行います。入学後、1年次は共通して教養教育科目を学修します。その間、4学類の入門科目や教養知・実践知・技法知など多彩な科目群を履修しながら、自分が入学の際に志望した学類で学び続けることができるかどうかを見極めます。そして、2年進級時、入学時に志望した学類の再確認を行います。このように、人間総合学群は、みなさんの学修計画を立てやすくすることで、大学教育に対する満足度の高い教育を提供します。

人間総合学群の学び

  • 人間総合学群の学び
    PDFを表示

1 年次の学びについて

人間総合学群は、これからの時代にふさわしい「人間とは何か」を問う教育を基盤に据えています。専門教育科目の教育内容は、実用性・実践性が高く、資格取得のための科目を配するなど、卒業後の就職にも役立つカリキュラムになっています。そこに進むためには、1年次で幅広い教養と基礎的な学力を育てておく必要があります。教養教育科目は、みなさんの学修の土台づくり、また人間性を豊かにしていくための良き道標となることでしょう。

教養教育科目カリキュラム

教養教育科目の構成

  • 教養教育科目の構成
  • 教養教育科目の構成
    画像を見る

各年次で履修する教養教育科目一覧

初年次教育科目

  • 基礎ゼミ Ⅰ・Ⅱ

基礎ゼミは、授業の受け方、講義録のとり方、本の読み方、討論や口頭発表の仕方、グループ活動の進め方など、大学の学修に必要な基本技術を学びます。また大学生活になじむための企画も用意しています。

建学の精神を学ぶ科目

  • 仏教学 Ⅰ・Ⅱ
  • 駒沢女子大学入門

駒沢女子大学入門は、本学の教育の特色、学園史、大学の年中行事、稲城市の歴史・文化・自然などを学ぶことで、駒沢女子大学生としてのアイデンティティーを確立する授業です。

入門科目

  • 日本文化入門 Ⅰ・Ⅱ
  • 人間関係入門 Ⅰ・Ⅱ
  • 英語コミュニケーション入門 Ⅰ・Ⅱ
  • 観光文化入門 Ⅰ・Ⅱ
  • 心理学入門 Ⅰ・Ⅱ
  • 住空間デザイン入門 Ⅰ・Ⅱ

入門科目は、各学類の専門教育の内容を確認するための導入科目です。

教養知科目【人間を学ぶ科目】

  • 人間と思想 Ⅰ・Ⅱ
  • 人間と文化 Ⅰ・Ⅱ
  • 生命の科学
  • 倫理学
  • 人権の基礎
  • 女性の人権
  • 心理学 Ⅰ・Ⅱ
  • 生涯学習論 Ⅰ・Ⅱ
  • 社会福祉概論 Ⅰ・Ⅱ

教養知科目【文化と歴史を学ぶ科目】

  • 日本の歴史
  • 世界の歴史
  • 戦争と平和の歴史 Ⅰ・Ⅱ
  • 西洋文化史
  • 日本美術史
  • 比較文化
  • 日本の文化
  • 観光地理(日本)
  • 観光地理(世界)
  • 日本の文学
  • ヨーロッパの文学

教養知科目【社会と自然を学ぶ科目】

  • 日本の政治
  • 世界の政治
  • 政治と市民参加
  • 日本の経済
  • 世界の経済
  • 新聞と報道
  • グローバル共生論
  • 法学
  • 法と社会
  • 日本国憲法 Ⅰ・Ⅱ
  • 社会学 Ⅰ・Ⅱ
  • 数学の世界
  • 物理の世界
  • 生物と生命
  • 地球と宇宙
  • 物質と科学
  • 情報と科学
  • 色彩と科学

実践知科目

実習科目
  • ボランティア実習Ⅰ
  • 海外英語研修Ⅰ
就業力育成科目
  • 進路設計
健康体育科目
  • 女性と健康 Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツ Ⅰ・Ⅱ

技法知科目

日本語育成科目
  • 言語表現演習Ⅰ・Ⅱ
外国語育成科目
  • 英語A Ⅰ・Ⅱ
  • 英語B Ⅰ・Ⅱ
  • 英会話 Ⅰ・Ⅱ
  • Receptive English Ⅰ・Ⅱ
  • Productive English Ⅰ・Ⅱ
  • フランス語 Ⅰ・Ⅱ
  • ドイツ語 Ⅰ・Ⅱ
  • スペイン語 Ⅰ・Ⅱ
  • 中国語 Ⅰ・Ⅱ

情報力育成科目

  • コンピュータ演習 Ⅰ・Ⅱ

2年次以降配当科目

  • 仏教学Ⅲ・Ⅳ
  • ボランティア実習Ⅱ
  • 海外英語研修Ⅱ
  • 国際協力実習
  • 国際協力実習フォローアップ
  • 社会と教養演習ABCD
  • キャリアリテラシー
  • 就業への知識と技能Ⅰ・Ⅱ
  • 英語AⅢ・Ⅳ
  • 英語BⅢ・Ⅳ
  • 英会話Ⅲ・Ⅳ
  • English Summer Seminar
  • フランス語Ⅲ・Ⅳ
  • ドイツ語Ⅲ・Ⅳ
  • スペイン語Ⅲ・Ⅳ
  • 中国語Ⅲ・Ⅳ
  • コンピュータ演習Ⅲ・Ⅳ

教養教育科目紹介

仏教学Ⅰ・Ⅱ

仏教学Ⅰ・Ⅱ

本学の建学の精神である、道元禅師の禅の心を学びます。日本人として知っておきたい、仏教と関連する年中行事や文化事象を、わかりやすく説明します。坐禅実習を通じて日常の礼儀作法を修得することもできます。

駒沢女子大学入門

駒沢女子大学入門

駒沢女子大学入門では、教室での学び以外に、体験授業を行っています。とくに、学園の敷地内にある、森に囲まれた遊歩道の散策や、稲城市の歴史や文化を勉強したうえで近隣の寺社を訪れる実地体験が好評です。

言語表現演習Ⅰ・Ⅱ

言語表現演習Ⅰ・Ⅱ

社会で通用する日本語能力を身につけるための必修科目です。敬語の使い方、文章の書き方、専門書の読み方などを学ぶことで、日本語についての知識を深めていきます。日本語検定の合格も目指します。

ボランティア実習Ⅰ・Ⅱ

ボランティア実習Ⅰ・Ⅱ

国際協力実習

国際協力実習

海外英語研修Ⅰ・Ⅱ

海外英語研修Ⅰ・Ⅱ

教養教育科目には、多彩な実習科目を置いています。これらの実習科目では、個人と他人とのかかわり合い方を、ボランティア体験、国際協力体験、英語体験の3側面から学んでいきます。体を動かし実際に活動を行う、まさに判断力と実践力を身につけることを目的とした科目です。これらの体験学修により、新しい自分を発見することができるでしょう。

  • 人間総合学群の教育人間総合学群の教育
    人間総合学群の教育
    画像を拡大して表示

人間総合学群の学びの特色

人間総合学群で卒業するためには124単位が必要です。その内訳は、教養教育科目36単位以上、各学類の専門教育科目62単位以上となっています。みなさんは、残りの26単位を、教養教育科目、自分が所属する学類の専門教育科目、他学類・他専攻の専門教育科目いずれかにあてて学修します。人間総合学群のカリキュラムは自由度が高く、さまざまな学びの方法に対応することができるのです。
人間総合学群は、幅の広さと深さを備えた教育体制を整えてみなさんをお待ちしています。