「健康栄養学科」では、講義で学んだ知識を実践によって確認するとともに栄養管理の技法を身につけるために、各種の実験・実習科目を学びます。充実した実験・実習が行えるよう、それぞれの教育内容に合致した最新の施設・設備を整えています。

臨床栄養実習室

傷病者のための栄養管理を行う上で、もっとも重要な臨床診査・検査などを評価、判定し、栄養計画を立案するといった栄養ケア・マネジメントの手法、技術を習得します。個々の体内組成、運動機能によるエネルギー消費量などを実際に測定しながら理解を深めます。また実習室内には病院とほぼ同じ大きさの病室にベッドを備え、ベッドサイド訪問による栄養教育や食事ケア、経腸、静脈栄養補給法、ベッドスケールによる身体計測などを体験するとともに、患者とのコミュニケーション能力を養います。さらに介護用キッチンや車椅子などの介護設備も備えています。

  • 臨床栄養実習室
  • 臨床栄養実習室

栄養教育実習室

ライフステージやライフスタイルごとの特性に応じた栄養教育論や公衆栄養学、応用栄養学の技術、手法を習得します。一人一台、机の中に配置してあるノートパソコンにより栄養管理システムを利用し、栄養ケアの立案や栄養教育媒体を作成したり、ロールプレイングなどの演習を繰り返し、どこでも通用する栄養管理業務を目指します。

  • 栄養教育実習室

給食経営管理実習室

給食経営管理論実習では、給食を通じて人々の健康増進や疾病予防を図るための知識や技術を習得します。病院、学校、事業所等の特定給食施設を模した実習室において大量調理を実践することにより、給食経営管理者としての総合力を身につけます。実習用厨房は、衛生管理システム「HACCP」に完全対応しています。

  • 給食経営管理実習室