宝塚歌劇の舞台裏の張り紙[理科 谷口]

私が育った街は、兵庫県の宝塚という街です。
全国的に有名な宝塚歌劇団があります。
その宝塚歌劇団の舞台裏には、こんな張り紙が貼られているそうです。

——————————————-

【ブスの25箇条】
1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.目が輝いていない
5.精気がない
6.いつも口がへの字の形をしている
7.自信がない
8.希望や信念がない
9.自分がブスであることをしらない
10.声が小さくイジケている
11.自分が最も正しいと信じている
12.グチをこぼす
13.他人をうらむ
14.責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている
16.他人を嫉妬する
17.他人につくさない
18.他人を信じない
19.謙虚さがなくゴウマンである
20.人のアドバイスや忠告を受け入れない
21.なんでもないことにキズつく
22.悲観的に物事を考える
23.問題意識を持っていない
24.存在自体が周囲を暗くする
25.人生においても仕事においても意欲がない

——————————————-

これを見て、何か気づきませんか?
それは、「ブスは『顔』じゃない」ということです。
どこにも顔のつくりについては書かれていません。
つまり、ブスはみんな「心」の問題なのです。

そして25項目ありますが、一番伝えたいのは「笑顔だよ」ということだと考えます。
だから一番最初に「笑顔がない」があるのでしょう。

さて、元宝塚歌劇団の貴城けいさんは、この張り紙について次のように書いています。

——————————————-

私が宝塚歌劇団を退団する一年ほど前だったと思います。
ある時期から歌劇団の人ならだれもが目にする場所に貼り出された一枚の紙。
そこには「ブスの25箇条」とありました。

いつ、誰が、何のために貼ったのか、誰に聞いても分かりません。
しかし誰もがその張り紙の前で足を止め、見入っていました。
「こうするとブスになる」
というこの25の戒(いまし)めは、何も女性だけを対象としたものではなく、人間としてのあるべき姿を逆説的に示したものではないかと思います。

そしてひいては、それが人から愛され、運を呼び込むための資質と言えるのではないでしょうか。
【出典】一流たちの金言(藤尾秀昭著)

——————————————-

「ブスの25箇条」ということは、全部逆のことをすれば、「美人の25箇条」になるということです。

変えてみました。

【美人の25箇条】
1.愛想が良い
2.お礼を言うことを欠かさない
3.おいしいなどの感情表現ができる
4.目が輝いている
5.生気に満ち溢れている
6.いつもニコニコしている
7.自信を持っている
8.希望や信念を持っている
9.常に自己成長の意識を持っている
10.はっきりと大きな声で話す
11.周りの意見に耳を傾ける
12.グチをこぼさない
13.他人をうらまない
14.責任転嫁をしない
15.自分に厳しい
16.他人に嫉妬(しっと)しない
17.他人につくす
18.他人を信じる
19.謙虚(けんきょ)さを持っている
20.人のアドバイスや忠告を受け入れる
21.なんでもないことは気にしない
22.楽観的に物事を考える
23.問題意識を持っている
24.存在自体が周囲を明るくする
25.人生においても仕事においても意欲的

どうでしょうか。
上の25個全部できたら、もうスーパーマンです。
だから一つずつでいいのです。少しずつ意識してみてはどうでしょうか。

「素敵だな」と思われる人は、見た目が素敵ではなく、「心」や「考え方」が素敵だということです。
そして立ち振る舞いも意識しているからこそ、素敵なのです。

できていない部分がある場合は、少しずつでも変えていけば周りの反応が変わってくるはずです。
周りの人がだんだん優しくなってきます。ぜひ実践してみてください。

理科科 谷口 幸尚

新着情報:新着投稿一覧へ