Q.英語教育についてどのように考えていますか?

本校の英語教育の特徴は、英語を使う機会がたくさんあることです。
授業、学校生活、さまざまな行事を通じて実践的な学びをすることで、英語を使うことができるようになります。英語はコミュニケーションを行う上で大切なツールです。ですから、まずは使えるようになること、その上で国際的な広い視野をもった考え方を身につけていくことが大切です。

Q.女子校とはどのような場所ですか?

思春期を迎える年頃の生徒たちにとって、女子だけの関係は、のびのびと自分らしさが発揮しやすい場だと思います。いじめを心配される方がいますが、少人数なので、小さなトラブルでも教員の目が行き届き、解決にむけてサポートしていきます。女子校生活の中で生涯の友人に出会うことができたと多くの卒業生から聞きます。

Q.ICT教育とはどのようなものですか?

主体的な学習を行うためのツールとして、一人一台のiPadを持ち、毎日使用していきます。電子黒板やiPadを使用する授業によって、生徒たちが積極的に学ぶことができ、本校が実践するアクティブラーニングに活かされることが期待できます。これからの時代に必要な情報ツールとして、正しい使い方と使用リテラシーも指導します。

Q.駒沢学園の先生たちはどんな先生たちですか?

中学校全体がアットホームな雰囲気です。先生方は、思春期を迎える難しい年頃の生徒たちを、暖かく見守り、いつでも寄り添って指導してくれる先生方です。安心しておまかせください。

駒沢学園女子中学高等学校校長

駒沢学園女子中学高等学校校長

入試について

Q. 同時に何回かの入試に出願すると有利ですか。▼ 開く

Q. 学校行事は見学できますか。▼ 開く

学校生活について

Q. 入学後は仏教的な考え方をすべきですか。▼ 開く

Q. 通学の際バスの遅れなどには対応していただけますか。▼ 開く

Q. 下校時刻を教えてください。▼ 開く

Q. クラブには必ず入部したほうがいいですか。▼ 開く

Q. 海外に行くチャンスはありますか。▼ 開く

Q. 中学生も食堂を利用できますか。▼ 開く

Q. いじめやトラブルには対応していただけますか。▼ 開く

Q. 携帯電話の利用はどうなっていますか。▼ 開く

Q. 緊急の際の連絡はどのように行われますか。▼ 開く

駒沢学園女子高等学校への進学について

Q. 高校への推薦について教えてください。▼ 開く

Q. 中学の内部進学者は高校進学後、別のクラスですか。▼ 開く

Q. 高校での進路対策について教えてください。▼ 開く

駒沢女子大学・短期大学への進学について

Q. 駒沢女子大学や短期大学に進学できますか。▼ 開く