建学の精神

正念・行学一如

道元禅師の教えを建学の精神に仰いでいます。「正念」とは坐禅を通し、自分を見つめ自己を確立することをいいます。生きることと学ぶことを一致させることが「行学一如」です。どんな学問も日常に活かされてこそ「学」といえ、修行は生活で実践されてこそ「行」といえるのです。学習にもいろいろな活動にも意欲的であり、人には優しく自分の目標に向かって苦しくても信念を貫く、そんな人格の育成をめざしています。

建学の精神

時代の変化に対応した新しい教育の実践

駒沢学園は90年以上にわたり、曹洞宗の教えに基づく建学の精神「正念・行学一如」を日々実践しながら、「人間力」を高める教育を大切にしてきました。現代のグローバルな男女共同参画社会では、女性のより一層の社会貢献が期待され、女性の生き方にも多様な選択肢を生み出しています。「生き抜く力」「未来を切り開く力」のさらなる育成のために、これまでの伝統を守り校風を大切にしながら、女子校にしかできない“新しい女子教育”を実践します。

教育目標

高い理想をめざして 今を全力で生きよう

美・善・真・聖
調和のとれた人間教育を目指して

美は「美的生活」

平和な家庭を作ることのできる、明朗清楚な女性を養成するために、道元禅師の綿密な実行主義を体得させること。

善は「善的生活」

誠実勤勉な女性を養成するために、道徳の涵養につとめること。

真は「真的生活」

学問本来の目的はなんであるかを体得させ、広く果てしない真理の探求に努力すること。

聖は「聖的生活」

人類最高最上の目的である平和な理想の世界を作るため、人間生まれながらもっている仏性の発揮に精進すること。

美・善・真・聖は校歌に使われ、初代校長の山上曹源先生は、入学式のときに必ずこのことをお話になりました。現在でもこの精神は受け継がれ、クラス名としても使われています。

目指す生徒像

~しなやかな心と芯の強さをもって、自分らしく輝く~

Komajoが大切にしていること