サッカー部員が駒沢女子大学DAYにボールパーソンとして参加しました!

平成26年7月6日(日)多摩市立陸上競技場にて、日本女子サッカーリーグ「プレナスなでしこリーグ2014」の日テレ・ベレーザ VS 伊賀フットボールクラブくノ一戦を「駒沢女子大学DAY」として開催しました。本校サッカー部の部員12名は、ボールパーソンとして参加しました。

ボールパーソンとは、ピッチ上で、コートの外に出てしまったボールを拾ったり、新しい別のボールを選手に渡す仕事を行います。また、当日部員のうち4名は、ストレッチャーベアラー(タンカ要員)を担当しました。試合の途中、相手チームの選手が負傷し、タンカが出動する場面もあり、部員たちは試合進行に大いに貢献することができました。

試合前の練習から試合中まで、ずっと集中を要するお手伝いでしたが、日本代表にも選出された選手が所属するなでしこリーグの試合をピッチ上から間近で見ることができ、とてもよい経験となった一日でした。

  • 写真
    ボールパーソンについて
    説明をうける部員たち
  • 写真
    配置につく部員たち