マインクラフト[数学科 蓑島]

マイクラにはまり、自宅で仕事がひと段落するとついやってしまう。ただ穴を掘ったり、建物や街並をつくったりと、単純だがなんとなくやってしまう。他にやらなければいけないことがあるときほどマイクラをやってしまう。休日家から一歩も出ずに一日中マイクラをやってしまい後悔することもある。そんな日の翌日は自責の念から、翌日の仕事に精が出る。マイクラがあるから仕事が頑張れる。

スマホもこの10年で大分進化したように感じる。以前は新機種が出る度に追加される新機能に心躍らせたものだ。しかし、最近はできることが増えすぎて使いこなせていない。カメラが3つあってもメモ代わりの写真しか撮らない自分にとっては無用の長物である。
車も同様に盛り沢山の機能が満載だ。さっと足を出すとドアが開いたり、ハンドル・アクセル・ブレーキの操作を車がやってくれたり、車庫入れまでやってのける。あまりの多機能ぶりに購入前はしゅごい! と思ったが、一度は使用したものの、それ以後一切使っていない。重宝している人もいる反面、不要な機能を持て余してしまう人もいる。何でもついている最新の車より、最低限の機能を選べる昔の車のほうがシンプルでよかったように思う。
便利な世の中になったものだが、昔は不便さを工夫でカバーすることが楽しめた。
そんな良さがマイクラにはあると思う。古き良き時代に思いを馳せながら今日もマイクラをやってしまう。明日は会議があるから今夜は早く寝ようと心に誓いながら。

※マインクラフト(略称マイクラ)は、自由にサイコロ型のブロックを積み上げて建設したり、冒険したりするゲームです。

数学科 蓑島 利之

新着情報:新着投稿一覧へ