運命[理科科 菱山]

人生には本当にいろいろなことがあると思います。私は「超」が付くほどのインドア派。ずっと家でゲームでもして過ごしたいと思っているので、普通の人と比べてはるかに行動範囲は狭く、体験や経験も少ないです。
そんな私でもいろいろなことが起こるのですから、普通の人はどれだけいろいろな出来事に遭遇しているのか想像がつきません。ちなみに、私はこまつぶのネタなら100個以上書ける自信があります。今回は私の人生で、今でも不思議に思っていることを書いていきたいと思います。

大学生のときになりますが、私は少林寺拳法部に入部しました。理由は今でも思い出せません。なぜ身長174cmで体重48kg(大学生当時)の超ガリガリの私が超体育会系の部活に入部したのか……。しかし、これがきっかけで何でも心置きなく話せる大切な友達ができました。
また、最初に勤めた学校は都内にある女子校でした(コマジョではありません)。理由は今でも思い出せません。なぜ当時のあだ名が「女嫌い」だった私がわざわざ女子校に応募したのか……。しかしこれがきっかけで、女子校特有の活気(?)が気に入ってしまい、今現在も女子校であるコマジョで働き、生徒の皆さんから元気をもらっています。

ここに話したこと以外にも、なぜあのときあのような決断をしたのだろう?と思う経験がたくさんあります。そして、それらのほとんどが「その決断をして良かった!」と思えるものです。不思議なものですね。これを人は、「運命」と呼ぶのかもしれません。

理科科 菱山 悟

新着情報:新着投稿一覧へ