2021年度入学試験について

教育関係のみなさまへ

みなさま、こんにちは。入試広報の中野早苗と申します。
いつも大変お世話になっております。
2021年度入学試験に関する最新情報をお伝えします。

中学校入試に関して2つご連絡をいたします。

  1. ① 新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛や休校措置の実施を踏まえまして、本校の入試問題の範囲には配慮事項を設けることといたします。
  2. ② 2月1日月曜日の午後入試は1科目入試に変更し、スカラシップ制度適用の試験といたします。

① 入試問題の配慮事項についてご説明いたします。

学校・塾などをお休みしなくてはならなかった受験生のために、2021年度の入試問題には、以下の内容については出題をしないこととし、問題を作成いたします。

国語 小学校6年生で学習する漢字
算数 小学校6年生で学習する範囲の「拡大図と縮図」「データの調べ方」
理科 小学校6年生の単元から「てこの規則性」「電気の利用」「生物と環境」
社会 歴史分野では「大正時代以降の歴史」
公民分野では「世界と日本の役割」

② 2月1日月曜日の午後入試は1科目入試に変更し、スカラシップ制度適用の試験といたします。

2月1日(月)午後 国語または算数の1科目入試(60分100点満点)
時間は60分となりますので、少しだけ問題数が多くなりますが、こちらの入試は、午前中の2科・4科と同様にスカラシップ制度を適用する入試といたします。初日の午前中に別の学校を受験される方でも、午後1科目60分ですので、比較的負担が軽くなり受験しやすい形といたしました。

高校入試に関してご連絡いたします。

東京都から出されました入学者選抜における配慮事項を踏まえまして、本校でも同様の配慮事項を設けることといたします。2021年度の入試問題には、以下の内容については出題をしないこととさせていただきます。

国語 中学3年生の教科書で学習する漢字
数学 中学3年生で学習する内容のうち「三平方の定理」「標本調査」
英語 関係代名詞のうち、主格のthat、which、who及び目的格のthat、whichの制限的用法
※同様の働きをもつ接触節も出題しない

以上を踏まえまして2021年度の入試を実施してまいります。
募集要項は9月配布予定となっておりますが、要項の抜粋版が完成次第先生方にご連絡申し上げます。

駒沢学園女子中学高等学校
入試広報部長 中野早苗

入試広報部長よりご挨拶

教育関係のみなさまへ

いつも大変お世話になっております。駒沢学園女子中学高等学校です。
今年度より入試広報部長となりました中野早苗と申します。
本来ならば、お伺いしまして、ご挨拶申し上げなければなりませんところですが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、大変遅くにはなりましたが、このような形でご挨拶をさせていただきます。
このような状況下ではありますが、生徒たち、そして学校の様子が見えるような広報活動に精一杯務めてまいりたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

また、新入生を迎え、お世話になりました関係の先生方のところにも、新入生の様子をお伝えしながら、ご挨拶に伺うことも今年度はできませんでした。状況が落ち着きましたら、あらためて、ご訪問させていただきたいと思っております。
今年度もよろしくお願いいたします。

さて、本校では6月1日(月)より、できる限りの感染防止対策を取りながら、時差登校や分散登校で段階的に学校再開し、17日(水)からは時差登校ではありますが、全員が登校を始めております。
いつもでしたら、受験生のみなさまにも説明会や見学会に参加していただける時期ですが、現在ではそのようなわけにもいかず、オンラインでの説明会や個別相談会という形をとらせていただいております。
受験生のみなさまや保護者の方々には8月1日(土)の見学会より、来校していただけるように、新型コロナウイルス感染防止対策をしっかりとりまして、準備をしている次第です。

また、教育関係の先生方には、入試についての最新情報もこちらでいち早くお伝えしていかれればと思っております。22日(月)以降、決定しました内容をお伝えできるよう準備をしております。
今後とも、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

駒沢学園女子中学高等学校
入試広報部長 中野早苗

校長よりご挨拶

塾の先生・学校関係者各位

日頃より、本校の教育活動にご支援、ご指導を賜りましてありがとうございます。

3月より未曾有の感染症拡大による社会危機に直面し、本校におきましても、生徒の休校、教員のテレワークを余儀なく実施することとなりました。
現在は、新しい学校生活様式のガイドラインに従って、学校を再開しております。
先生方におかれましても、オンライン授業や学校・教室再開、受験生の対応等、日々お忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。

駒沢学園女子中学校は、仏教を礎にした人間教育、学力を伸ばす教育、国際英語教育を3つの柱に、今年度より学校改革を始動しております。高等学校は、21世紀を生きる新しい学力の向上、女子校ならではのキャリア教育を取り入れた学校改革が、おかげさまで2年目を迎えました。
改めまして、先生方のこれまでのお力添えに感謝申し上げます。
直接ご挨拶に伺うべきではございますが、このような状況の下で、御校へ訪問させていただきますことは、大変なご迷惑をおかけすることになりますので、控えさせていただきます。本校の学校パンフレットや資料等は、メールや郵送にてお知らせいたします。
今後とも、より良い教育活動を実現するために、誠心誠意努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

駒沢学園女子中学高等学校
校長 土屋登美恵