生態系サービス体験型イベント『森すまいる』ボランティア

日時 平成29年11月19日(日) 8:20集合~17:00解散(開催時間10:00~16:00)
場所 城山体験学習館および城山公園
参加者 駒沢女子大学1年生3名、3年生3名

『森すまいる』は「生態系サービス(酸素や食料、資源の提供や気候調整などの自然による恩恵)」に関する体験などを通じ、その保全と感謝の気持ちを育み、また、既にそれに取り組まれている各種団体の皆さんの周知を図る主旨で開催されました。
このイベントは今回初めて開催されたもので、稲城市環境課の協力のもと、森すまいる実行委員会(ねいちゃーさーくるいなぎ、城山トコロジストの会、大丸野草の会、フォトクラブいなぎ)主催で行われ、本学からは大学生6名がポランティアとして参加しました。

参加学生は、3人ずつのチームを組み、30分単位で交代して休憩することで学科、学年、一般参加、アクティ部の枠を越えて交流しながら市役所の方や地域の方とも関わることができました。
今回主に担当した内容は
①生物多様性に関するアンケート実施と回答者への缶バッチ作成補助【屋外】
②環境クイズ回答者へのエコバッグ作成【屋内】

この日はとても気温の低い一日でしたが、そんな中でも学生たちはとても楽しんでいる様子でした。

参加者の感想

人間関係学科3年

人間関係学科3年

日本文化学科3年

住空間デザイン学科1年

住空間デザイン学科1年

大学:新着投稿一覧へ