『成道会』の式典が行われました。

「成道会」とは、お釈迦さまがお悟りを開かれた日を祝う仏教行事です。

お釈迦さまのお悟り、すなわち「成道」にならって、禅宗寺院では12月1日から8日朝まで坐禅三昧の修行を行います。この坐禅だけを行う集中期間を「摂心会」と呼びます。

「摂心」とは、日常の散乱した心をまとめ、乱れがちな自己の心をととのえるという意味です。本学園では、こうした趣旨のもと早朝坐禅会(曹洞宗では摂心会(せっしんえ))を行い、記念講堂において「成道会」の式典を開催します。これらの学園行事を通して、お釈迦さまのおこころを仰ぎ、建学の精神である「正念」、「行学一如」を実践しています。

本年は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、学園としての摂心会は中止し、成道会は学生・生徒・園児の参加は見合わせ、理事長等の役職者と仏教系教職員のみで法要を行いました。

日時 2020年12月8日(火)9時00分開式
場所 駒沢学園記念講堂
  • 式典の様子
    式典の様子
  • 式典の様子
    式典の様子

新着情報:新着投稿一覧へ