2月4日(月)針供養をしました。

  • 針供養をしました
    針供養をしました
  • 年少さんも
    年少さんも
  • 年中さんも
    年中さんも
  • 年長さんも
    年長さんも
  • 針をお豆腐にさしました
    針をお豆腐にさしました
  • いつもの礼拝の中で
    いつもの礼拝の中で
  • 針をご供養しました
    針をご供養しました
  • 物を大切にしましょう
    物を大切にしましょう
  • 園長先生のお話
    園長先生のお話

針供養について

針供養はりくようは、二月八日(関西地方かんさいちほうでは十二月八日)におこなわれ、れたばり供養くようし、ちかくの寺社じしゃおさめたり、豆腐とうふ蒟蒻こんにゃくのようにやわらかいものにしたりすることで供養くようし、裁縫さいほう上達じょうたついのった行事ぎょうじです。
はりは、どんなにちいさなはりでもかたいぬのをもとおして、黙々もくもくと、その役目やくめたしています。はりのおかげで、わたしたちの生活せいかつ基本条件きほんじょうけんである衣食住いしょくじゅうのひとつ、衣生活ころもせいかつは、なりたっているわけです。せめて、このは、やわらかい豆腐とうふ蒟蒻こんにゃくはりしてあげて、日頃ひごろ苦労くろうをねぎらってあげようという日本古来にほんこらいうつくしい風習ふうしゅうです。
また、このはりれないようにするという風習ふうしゅうもあり、はり使つか人々ひとびとやすませるという意味合いみあいもっています。
この針供養はりくようとおして、もの大切たいせつさや感謝かんしゃ気持きもちをあらためめて確認かくにんしていきましょう。

新着情報:新着投稿一覧へ