こまざわ幼稚園は、1950年に学校法人駒澤学園によって世田谷の鶴巻に駒沢幼稚園として開設された伝統ある幼稚園です。1989年、稲城市への学園全面移転にともない、稲城市向陽台に移転したことを機に、保育士や幼稚園教諭を養成する駒沢女子短期大学の付属園となり、同短期大学保育科との連携が強化され、共同研究・研修、保育科学生の実習等の教育現場での交流がさかんに行われています。 平成14年には、現在の駒沢女子短期大学付属こまざわ幼稚園と改め現在にいたっています。

こまざわ幼稚園のめざすもの

こまざわ幼稚園は、仏教の精神と道元禅師の禅の教えに基づく教育を実践するところです。豊かな感受性と、思いやりの心を養い、自分に厳しく、他人にやさしい、素直で明るい人間に育つよう、教職員が一丸となって努めております。とりわけ、正しい食事などの実践保育を通じて、健康な体をつくり、命を大切にする心を大事に育てていきます。

園長メッセージ

「意欲を持った心を育てる」

今、教育の現場はもとより、社会全体から最も望まれていることは、心の教育です。思いやりの心、感謝の心、礼儀正しさ。また、人に迷惑をかけない、我慢が出来る等、園生活のさまざまな場面を通して、折にふれ感化誘導することを基本にしながら、こまざわ幼稚園では、心の教育、心の育ちを目指して取り組んでおります。

幼児期は、生活の流れの中で様々な物を見、音を聞き、驚いたり、不思議がったりしながら知的好奇心や探究心を満たしていきます。したがって、出来るだけ多く自然や事物に触れる機会をつくる必要があります。体験を重視し、楽しい思い出と共に、自主性、協調性、社会力を育み、将来の人格形成への更なる育ちを願っております。

駒沢女子短期大学付属
こまざわ幼稚園園長 石田 良治

沿革

昭和2年 曹洞宗大本山永平寺の記念事業として設立
昭和25年 駒沢幼稚園を開設
昭和26年 永平寺教学財団を学校法人駒澤学園に改める
平成元年 駒沢学園は稲城市坂浜へ全面移転
駒沢幼稚園は稲城市向陽台に移転し、
園名を駒沢女子短期大学付属幼稚園と改める
平成14年 園名を駒沢女子短期大学付属こまざわ幼稚園と改める
  • 写真

園歌

作詞 柴野 民三/作曲 日高 修

  • 歌詞
  • 楽譜
    画像を見る
  • 画像

メロディーを聴く