はじめての幼稚園
主人公は、一人ひとりがかけがえのない子ども
友だちと出会い、みんなが共に生き生きと暮らす場所
自ら育つ力を育み、伸びようとする力を引き出す保育者
人間の基礎を培う重要な、より質の高い幼児教育の追究
人生の始まりは、この幼児期に始まる

  • 写真

こまざわ幼稚園とは

本園は、仏教の禅の教えを建学の精神とした駒沢学園の中に創設された幼稚園です。駒沢女子短期大学保育科の付属園として、伝統の上に築き上げてきた信頼を礎に、今を生きる子どもにふさわしい質の高い幼児教育を追究し続けています。
人生の始まりの重要な幼児期だからこそ、こころの教育を基盤に人間の基礎をしっかり培うことを使命としています。

こまざわ幼稚園のあゆみ

こまざわ幼稚園は、1950年に学校法人駒澤学園によって世田谷区弦巻に駒沢幼稚園として開設された伝統ある幼稚園です。1989年、稲城市への学園全面移転にともない、稲城市向陽台に移転したことを機に、保育士や幼稚園教諭を養成する駒沢女子短期大学の付属園となりました。同短期大学保育科とは、共同研究・研修、保育科学生の実習等を通して連携を図り、教育現場での交流をさかんに行っています。
2002年には、現在の駒沢女子短期大学付属こまざわ幼稚園と改め現在にいたっています。

1927年(昭和2) 曹洞宗大本山永平寺の記念事業として設立
1950年(昭和25) 駒沢幼稚園を開設
1953年(昭和28) 駒沢学園高等保育学校を開設
1965年(昭和40) 駒沢女子短期大学保育科を開設
1989年(平成元) 駒沢学園は稲城市坂浜へ全面移転
駒沢幼稚園は稲城市向陽台に移転し、
園名を駒沢女子短期大学付属幼稚園と改める
2002年(平成14) 園名を駒沢女子短期大学付属こまざわ幼稚園と改める
  • 写真

園歌

作詞 柴野 民三/作曲 日高 修

  • 歌詞
  • 楽譜
    画像を見る
  • 画像

メロディーを聴く