<校長室ブログ> 「ライフデザイン」

  • 駒沢学園女子中学・高等学校 ライフデザイン

高校1年生の毎週土曜日1時間目の授業は「ライフデザイン」です。みんなで一緒に話し合ったり、考えたりしながら、生き方について学んでいます。

女性の生き方の選択肢は様々ですが、正解があるわけではありませんね。今後の人生を、幸せに、自分らしく輝いて生きていってほしい、それが、私たちの願いです。 実りある授業となりますように。

<校長室ブログ> 坐禅を行いました。

写真は高校1年生と教員が坐禅をしている様子です。日々、元気に忙しく学校生活を送る中、時には自分をみつめる静かな時間が大切です。

坐禅が終わった後の生徒たちは「足、しびれた~!」などと笑いあいながらも、どこか晴ればれとした、すっきりとした表情をしているように見えました。

  • 駒沢学園女子中学・高等学校 坐禅の様子

<校長室ブログ> 令和を迎えて

新緑のまぶしい季節とともに令和時代が始まりました。令和がどのような時代になるのか未知なる世界に思いを馳せ、期待に胸を膨らませ、力強く次代へ歩んでいこうと思います。生徒たちが羽ばたいていく未来が、美しく平和であってほしい、その責任を私たち大人が担っていることを忘れてはならない、と強く思います。
世の中が劇的に変化している今こそ、人として大切な心を忘れずに、大事に育んでいかなくてはなりません。

連休が終わり、今日も晴れやかに学校生活を送る生徒たちを前にし、あらためて心に誓いました。

  • 駒沢学園女子中学・高等学校 正門

<校長室ブログ> 生徒から毎日元気をもらっています。

  • 駒沢学園女子中学・高等学校 通学路に咲く八重桜

4月から校長になり、1ヶ月が過ぎようとしています。責任の重さとプレッシャーはすごく感じていますが、その先に希望の光が続いているような期待感を、生徒たちからもらっています。
朝、「おはようございます」と笑顔で登校する生徒も、眠そうに下を向いて登校する生徒も「友達出来ました!」と駆け寄ってくる生徒も、ひとりひとりが愛おしく、私の生きる活力になっています。

今週から面談週間が始まっています。駒女の先生は、生徒を温かく見守り、寄り添ってくれます。面談は生徒一人ひとりが主役です。生徒のみなさんは「自分らしさ」を大切に、話をしてみてください。

<校長室ブログ> 4月18日(木)はスプリングディです。

  • 桜

4月18日(木)はスプリングディです。
新学期で少し緊張していた心を、太陽の下で解放してあげましょう。
中学生はよみうりランドへ、高校生はディズニーシーへ、全校生徒でお出かけします♪
好きなアトラクションに並びながら、わくわくどきどき・・
新しい友達と仲良くなるチャンスもきっとあるでしょう。

春の訪れを楽しみながら、クラスや学年のお友達と親睦を深める素敵な一日となりますように。

<校長室ブログ> 全校生徒で避難訓練を行いました。

4月10日(水)全校生徒で避難訓練を行いました。
いざという時のために、日頃から準備をしておきましょう。

本学園には、災害時用として、全校生徒3日分の飲料水、非常食、毛布等の準備があります。帰宅困難の場合は、学校に宿泊して頂きます。非常時には必ずフェアキャスト(一斉連絡メール)を使って保護者の方に連絡を致しますので、安心してお任せください。

  • 駒沢学園女子中学・高等学校 防災ガイド

<校長室ブログ> ご入学おめでとうございます。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
朝、降っていた雨も止み、穏やかな光の中、楽しそうに記念写真をとるほほえましい光景が、あちこちで見られました。新しい制服、とても似合っていましたよ。

今日から6年間、3年間の学校生活が希望に満ちたものになりますように。何か困ったことがありましたら、聞いてくださいね。

  • 駒沢学園女子中学・高等学校 校長 土屋登美恵

<校長室ブログ> 始業式を迎えました。

  • 桜

始業式を迎えました。
生徒たちは元気に登校し、新しいクラス、新しい先生に、早速大はしゃぎです。
一つ上の学年になり、ちょっぴり誇らしげで、少しだけ大人っぽくなった生徒たちを見ていると、私の心もうきうきと弾んでまいります。

みなさん、素敵な1年間になりますように!!

<校長室ブログ> 4月から新校長として、新たなスタートを切ります。

  • 駒沢学園女子中学・高等学校 校長 土屋登美恵

私が駒沢学園を始めて訪れたのは、今から27年前の3月。行き交う生徒さんたちの笑顔と、迎えてくれた先生との会話。「とてもあたたかい雰囲気の学校だなぁ」と感じたことを覚えています。

4月から新校長として、新たなスタートを切ります。駒沢学園に降り注ぐ優しい光を感じながら、笑顔がたくさん集まっているこの学校で、生徒のみなさん、保護者の方々、教職員とともに、一歩ずつ前に進んでまいります。どうぞよろしくお願い致します。

土屋登美恵