2017年度後期 英語コミュニケーションコース 合同発表会

英語コミュニケーションコースでは、各学期の終わりに4つのゼミが個人あるいは共同で行った研究の成果を発表しあう合同発表会を開きます。12月19日に行われた後期の発表会の内容を報告いたします。※

松山ゼミ: 日本のポップカルチャーから見る執事の理想像 ~万能執事セバスチャン~

現代日本において「執事」という存在が大きくクローズアップされたのは2000年代に入ってからである。特に「メイド喫茶」の男性版として「執事喫茶」が登場したこと、また2006年に枢やなによる『黒執事』の連載がスタートしたことにより、「執事」という職業の存在が若い世代にも認知されるようになったと言えるだろう。本発表では、日本で考えられている「執事」のイメージを、同じく「執事」が広く認知されているイギリスのフィクションを通じて考え比較してみた。イギリスのフィクションの中に登場する名高い執事はP.G.ウッドハウスの『The Inimitable Jeeves (比類なきジーヴス) 』で知られるウースター&ジーヴスシリーズに登場する万能執事ジーヴスと先ごろノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの名作『Remains of the Day (日の名残り) 』に登場する忠実に主に仕え続けたスティーヴンズがすぐに思い起こされる。日本のフィクションでは前述した『黒執事』のセバスチャンが有名である。日本のセバスチャンがイギリスの執事たちと、どのような違いがあり、そして日本で理想の執事像がどこから来ているのかを研究してみた。

中野ゼミ: 改訂版 女子大生のこれが言いたい英会話

In the seminar session, we, the members of Nakano Seminar, published a phrase book which can be used overseas. We presented about our phrase book.
During the first semester, we decided on the design of the book, such as the paper quality, size, and other details. Then we negotiated with the printing company to finally produce our phrase book.

在此次的共同研究会,我们中野研究组以[改订版!女大学生想说的英会话]为题,发表了关于紧接前期的英语会话本开发的内容。以完成比前期更强的英会话教材为目标,增加了英会话的场景设定,选择了写起来更方便的纸质,另外教材的细小部分包括册子的尺寸和设计也精心设计了。另外,这次委托了印刷公司,初次挑战了教材的装订。这对于我们明年的教材开发,能有效的学习到宝贵的经验。

  • 写真

井戸ゼミ: 富士山と西洋の山 ~崇拝? 共存? 舞台設定? 山と人の繋がりを探して~

井戸ゼミは「富士山と西洋の山」をテーマに、日本と西洋での山に対する人々の思いを、宗教的・歴史的観点から比較考察しました。
日本の象徴ともいえる「富士山」は、奈良平安時代の仰ぎみる神としての大きな存在から、室町・江戸時代の冨士登拝を経て今日までずっと、【神として崇められ、共に生きる思い】を託されてきました。一方、西洋では山の頂上と高さが注目されて、ギリシア神話では神々の住む「オリンポス山」、キリスト教ではモーセが十戒を授かった「シナイ山」とキリストが神の子へと変貌した「タボル山」など、【舞台設定として利用される】にとどまり、山という自然は決して崇拝の対象にはなりませんでした。
英語を学ぶにあたり、日本と西洋では、文化的な背景が異なるということを、改めて痛感しました。こうした文化の多様性を受けとめ、尊重しながら、英語学習を続けていきたいと思います。

  • 写真

橘田ゼミ: ¿ “It’s still ten.” ? ¿ “It’s only ten.” ? あなたはどっち派 ?

L2 learners tend to commit similar errors. One of those errors is literal translation. In translation of a mother tongue into a second language, L2 learners are inclined to replace their mother tongue words for L2 words. They sometimes apply their mother tongue grammar for L2 grammar. It is important and useful to recognize at what point learners make errors and what kinds of strategies they take to avoid committing errors in Second Language Acquisition. Previous research showed that L2 teachers are able to teach a second language more effectively with such knowledge. In this presentation, we used English movies in order for learners to recognize the exact meaning of an English word, not the literal translation. We confirmed that this way of using English movies is efficient in understanding the context.

  • 写真

各発表の後には他ゼミの学生からの質問やコメントが出され、活発な質疑応答がありました。熱気あふれる意見交換に、学生も教員も「進歩」という手ごたえを実感することができました。

  1. ※ 本内容は、人間文化学類 英語コミュニケーション専攻の前身である国際文化学科学科のカリキュラムについて紹介しています。
    人間文化学類 英語コミュニケーション専攻での学びの参考にしてください。

トピックス :新着投稿